[記事をツリー上に表示] [記事を時間順に表示] [コメントを投稿]
【記事番号:11413】 出力トランス 二次側シャント抵抗

投稿者: 菊地
投稿日時: 15/04/14 13:20:13

なかなかレスが付かないようですが、何処の回路図で見たとか、
もう少し具体的な話にしたら如何でしょう?

私としてはOPTの2次側にシャント抵抗というのは見た事がないのですが、
そもそもOPTの場合は8Ωが接続されるのですから、さらに低い抵抗値でなければ
意味が無い訳で、そうなると多少のF特改善よりも出力ロスの問題の方が大きくて、
差引きするとマイナス要因の方が大きいように思いますね。

稀な例ではKNF巻線とか3次巻線がある場合で、KNFを使わずに開放のままで
普通のOPTとして使うと、超高域にアバレが出る場合があり、その場合は
3次巻線に設定インピーダンス相当の抵抗を繋ぐとアバレが減少するというものです。

ところで、一般的にシャント抵抗が用いられるのは入力トランスとか段間に入れる場合で、
この受け側の入力インピーダンスが高いとトランスの特性が山型になってしまうので、
トランスの動作インピーダンスを設計インピーダンスに近づけて
平らなインピーダンス特性になるようにシャント抵抗を入れるというものです。
インピーダンス特性が平らでなければ周波数特性も平らにはなりませんから。

という事で、トランスは設計インピーダンスで使わないと平らな特性にならないので、
一般的にHi受けとなる入力トランス等の場合は、
動作インピーダンスを合わせる為にシャント抵抗を入れて使いますが、
OPTの場合はSPの8Ωが繋がるので、そんなものは必要ないように思います。


関連記事
No. 11412 出力トランス 二次側シャント抵抗- 409B (04/02 08:30)
No. 11413 Re: 出力トランス 二次側シャント抵抗- 菊地 (04/14 13:20) <<
No. 11414 Re[2]: 出力トランス 二次側シャント抵抗- 409B (04/16 09:20)

コメントを投稿
名前(必ず記入してください):

メールアドレス(省略可):

URL(省略可):

件名(必ず記入して下さい):

記事(必ず記入して下さい):
記事を引用する

名前・メール・URLを記憶する

BestBBS!! 0.4.3