画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

ラジオ分科会掲示板


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:img20110121071651.jpg -(113 KB)

Philco 70A スガハラ 2011/01/21,07:16 No.580
前回Philco 70Aはゲルマニュームラジオ程度の感度と申し上げましたがPhilco社の名誉の為今一度掃除と修理ををしてみました。シャシーの中は埃も殆ど無くきれいです。電解コンデンサーはオリジナルはSprugue社のものです。1920年代から延々とコンデンサー一筋なんでしょうか。アチコチ調べてみたらどうも感度低下はバリコンのアースが浮いていたようです。コンタクトクリーナーをスプリング部分に吹きかけてスイッチを入れたところ嘘のように感度が良くなりました。序にトラッキングも調整しました。Lの調整が出来ずにエラーは残りましたがそれでも前よりは上下の感度差が少なくなりました。とは言えこの頃のヘテロダインにはAVCが無かったようで放送局によりヴォリューム調整が必要です。それにしても47の音量の凄いこと。スピーカーは8吋のフィールドコイル式で減磁も無く初期の性能を発揮しています。80年も前のラジオが蘇りました。気が向いたら箱も綺麗にしてみたくなりました。
>> 無題 宇多@茨城 2011/01/21,09:54 No.582
こんにちわ。 すばらしいラジオですね。
 model 70A Baby Grand の構成を調べたら 24, 24, 27, 24, 24, 47, 80 とあり、RFamp/IFamp がシャープ・カットオフの 24 で AVC を利用しなかったみたいです。
 ところが後のバージョンでは 35, 24, 27, 35, 35, 47, 80 となっていると記されており、mix だけ 24 とし検波もリモート・カットオフの 35 で過大入力対策みたいですが、AVC への言及はありませんでした。
 なお IF が 260kc、高い受信周波数でのイメージ混信回避も兼ねて RFamp 付ききとしたのでしょうね。
>> お久しぶりです スガハラ 2011/01/21,21:07 No.583
宇多さん、ご無沙汰しました。レス有難う御座います。
裏日本は毎日豪雪で大変なようですね。トロントもマイナス10度前後の日が続いてこんな所に来た自分を恨んでいます。幸いに雪は少なく雪かきの苦労は今の所大したことはありません。
Webサイトで回路図をみたところシリアル番号が220,000以下(因みに私のは154178です)は24を4本使う回路で220,000以上は35−24−35−27−35−47−80という構成になっています。27は何時かお話した無限インピーダンス検波の様な使い方をされています。ただプレートはBではなくアースされているので二極管検波なのでしょうか?カソードから音声を取り出していて低周波増幅の35につなぎ、同時に高周波とIF の35のグリットにも高抵抗を介してつながってますのでAVCがこの頃(1929年6月)から導入されたようです。。音量調節も低周波で行われています。前期の音量調節はアンテナの入り口に5Kmのレオスタットがあってこれで音量調整をしています。このレオスタットは250オームと二連となっていて極発(27)のカソード電圧の調整をしています。混合はコイルを介してグリッドでやっているのかCを通してカソードなのか良く理屈が分りません。面白いと謂うか関心するのは後期モデルの極発混合が24一本で済ませています。誰か頭の良い人が居たんでしょうね。これが可能であれば6WC5とか6BE6は要らなかったんじゃないかと思えます。それとも発振し易い24の功績でしょうか?同じモデル70でも前期と後期では技術的に雲泥の差があるように思えます。Philcoのモデル87も有りますので次回はこれを紹介します。
>> 無題 宇多@茨城 2011/01/22,12:10 No.584
 マイナス 10度のトロントからレス有り難うございました。
 旧型のゲイン制御では、アンテナ入力加減は伝統的、局部発振のバイアス調整は混合ゲインの加減でしょうか。 混合方式はスクリーン注入もあり得ますね。
 新型では、どうも 27 の順番が変だなと思って直したら間違い、局部発振でなく二極管検波用法で AVC を併用したのですね。 
 そして 24 一本による発振/混合=周波数変換は「オートダイン」ですね。 発振回路に受信信号を注入するから、受信周波数と局部発振周波数が離れているとやや面倒・・・古くは直熱三極管の古典ラジオに現れましたね。 また戦後の五球スーパー出現の頃 6C6 等による試験例が関係雑誌にて散見されましたが調整が難しいとかで、ベンタグリッド専用球 6WC5 (=6SA7) が現れて姿を消しました。 その後、普及型の FM チューナのフロント・エンドでは 6AQ8 一本によるニュートロ RFamp + オートダイン・コンバータ、古くて新しい用法にアッと驚きました。 ニュービスタ球の TV チューナも同様?。
 モデル 87 のご紹介楽しみにお待ちしています。
>> 無題 潮名誠之 2011/01/22,14:28 No.585
スガハラさん、こんにちは。
並三の次は、オール12JF5の五球スーパーを作ろうと思っているのですが、
五極管1本で周波数変換をやるのは難しそうですね。
五極管によるコンバータの回路例をいろいろ調べているところです。


[返信しないで戻る]