トータル050243 -今日0049 /昨日0036

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

スピーカー分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / 35 / 40 / ]


画像タイトル:img20090408125623.jpg -(37 KB)

無題 鈴木 2009/04/08,12:56 No.1309 返信 (t)
石田さん
アドバイスを有難う御座いました。ものを持って4/18の三土会にお伺いします。
会員登録は、三土会の際で宜しいでしょうか。
小型のものですので、問題なく持参できると思います。アンプやCDプレーヤーは他の参加者の方のものを借用できますでしょうか。
可能であれば、写真のものを100回記念のときに持参しようかと思います。定例会のときには、内容が分かりやすいように別のものを持参しようと思います。
>> 無題 石田 2009/04/08,21:50 No.1311
 会員登録はHPの「手作りアンプの会の紹介」からリンクのメール先に申し込んでいただければオンラインで出来ます。
 4月の三土会にも参加していただけるとの事、大歓迎です。百回大会にもお待ちしています。
 プレーヤやアンプは会のものや参加者のが使えますので大丈夫です。
>> 無題 鈴木 2009/04/08,23:28 No.1312
石田さん
会員登録申請を済ませました。よろしくお願い致します。
>> 使用ユニット 見元(大田区) 2009/04/11,07:34 No.1318
使用ユニットはTangbandのW3-881SJですか?このユニットを選ばれた理由を教えてください。
>> W3-316A 鈴木(文京区) 2009/04/11,10:59 No.1319
見元さん
こんにちは。使用のユニットは、W3-316Aです。麻布オーディオの店頭で見た目で気に入って購入しました。W3-881SJという型はTangbandのウェブに無いですね?どこかで入手できるのでしょうか?
詳細は、下記をご参照ください。
http://www.geocities.com/sg_suzuki/QCAP_example.html
>> 使用ユニット 見元(大田区) 2009/04/11,20:24 No.1321
W3-316Aはコイズミにも六本木にもないので知りませんでした。私の手持W3-881SJに良く似ているのでこのような質問させていただきました。さて、W3-881SJはTangbandのHPにも掲載されていない特注品だそうです。小型SPユニットを探していた際、ミクセルさんのHPの情報をあさってキムラ無線から入手しました。ここの解説がいちばん詳しかったので参考にして選びました。
http://www.mx-spk.com/W3-881SD.htm
>> W3-881SJ 鈴木(文京区) 2009/04/11,22:44 No.1322
ミクセルさんは存じませんでした。
自宅が麻布オーディオに近いので、いつもそこで購入しています。W3-316Aはとても好きな音です。六本木でもかつては販売していましたが品切れになっていました。麻布オーディオには結構長く店頭にあったので、また販売再開すればいいと思います。
Tangbandの音はいいですね。とても好きです。
>> HP拝見させていただきました 見元(大田区) 2009/04/16,18:32 No.1323
鈴木殿のHPを拝見させていただきました。かなりな研究をされていることと、こだわりを感じました。さて、私のスピーカーも完成しましたので、こんどの三土会に持っていきます。比較視聴が楽しみです。私のは8cmのユニット(Peerlessの830987)を使用した4リットルの密閉です。個性的なデザインで、おそらく鈴木殿もはじめて目にする形だと思います。スティフネス理論のおかしな点(箱が小さいと背圧が高くなりユニットのコーン紙を押すため低音が出ないという理屈)に疑問を感じ、これを実証することを目的に作りました。スーパーからダンボールをもらってきて、カッターとガムテープで1ヶ月に20種類の箱を作り、この中からベストな形状を選びだしました。バッフル板の厚みは4mm。どこからどうみても良い音がするとは思えない形状をしています。
>> 無題 鈴木 2009/04/17,19:19 No.1326
見元さん
いよいよ明日ですね。ご研究の結果が楽しみです。
以前
Stereo誌で、ラグビーボールのスピーカーを作っている方を見ましたがそんな感じでしょうか。明日見せていただければ分りますね。よろしくお願い致します。
>> 昨日の感想 見元(大田区) 2009/04/19,08:58 No.1327
鈴木殿
昨日MCAP方式の理論と音を聞かせていただきありがとうございました。用事があったので途中退室したため、私の感想をここで述べます。ポートを使うと、ポートから中高音が漏れ音で濁ります。それが4本もあるとその影響が大きくなるような気がしました。鈴木殿が示された計算式は中高音の漏れが含まれない理想論的なものなので、低域には有効でも中高域にどのような影響がでるのかがまだわからないと感じました。次に、本当の重低音は出ていないのではないかと感じました。低域が出ていると思われたのは150Hzくらいで、30Hz〜60Hzといった重低音はレベルが下がりすぎて出ていなのではないかと感じた次第です。私のは密閉なので、高い周波数からだら下がりになりますが、重低音はかろうじて出ていたと思います。中高域の質と重低音の再現が両立してバランスが整ったスピーカーシステムを目指して、がんばってください。
>> RE:昨日の感想 鈴木(文京区) 2009/04/19,10:33 No.1328
見元さん

感想はさておいて、お話しした通り、試行錯誤の段階の第二作を持ち込みました。バックキャビティが不足で、吸音処理も全くしていないので中高音の洩れは承知のことです。それでも、ポートの開閉で効果が変わること等特徴は皆様にお分かり頂けたのではないかと思います。ポートを全て開けると確かに100Hz前後が大きく盛り上がり、大きいほうのポートを塞ぐと60Hz位は測定でも十分出ているものですがお分かりいただけなかったとは残念ですね。こういうものは、公開の場で測定するしかないです。
>> 申し訳ありません 見元(大田区) 2009/04/19,14:03 No.1329
鈴木殿
重低音に関しては私が誤解していたようです。変なことを記載してしまい申し訳ありませんでした。
>> いえいえとんでも御座いません 鈴木(文京区) 2009/04/19,15:08 No.1330
見元さん
お互いに楽しくやりましょう。他の方の作品はとても参考になりますね。
100回記念でもお会いしましょう。
>> Re いえいえとんでも御座いません うえの@足立区 2009/04/19,23:57 No.1331
鈴木さん、興味深いスピーカーと理論で面白かったです。ありがとうございました。
私もスピーカーを持ち込みましたが、恥ずかしながら理論もあやふやで測定もしておらず、真面目な方から怒られてしまいそうです。

私のスピーカーは、とりあえず普通の音が出てて一安心しました。自作だと正しい(一般的な?)音がしているか不安になるもので...
>> うえのさんのスピーカー 鈴木 2009/04/20,19:00 No.1332
うえのさん
こんばんは。うえのさんのスピーカーがあまりに凄かったので私の日記にちょっと書いてしまいました。機会がありましたらFeastrexマニアに聞かせてあげてください。100回記念でもう一度お聞きしたいところですが...
一度、私の機材を持ってお伺いしましょうか。低域は部屋の特性がもろに出てしまいますが、中高域は、メーカー発表値に近いので、案外正確かもしれません。

http://www.geocities.com/sg_suzuki/diary.html
>> では うえの@足立区 2009/04/20,23:40 No.1335
測定していただけると、助かるかも。どんな特製なのか良く分からないので。
詳細な話は、上記アドレスにメールを頂けませんか。


石田さんへ 鈴木 2009/04/07,23:05 No.1307 返信 (t)
こんばんは。
関東三土会の100回記念の行事を見て、思わずエントリーしてしまったのですが、良く考えてみたら会員ではありませんでした。
4月の三土会に参加してご挨拶申し上げたほうが良いのでしょうか?こちらは会員以外の参加も禁止していないようですが、あまり参加者が多いと困ってしまうのではないかと思いご相談差し上げました。
>> 無題 石田 2009/04/08,07:37 No.1308
 鈴木さん。百回記念大会は過去の発表をたどり三土会の歴史を振り返るというのが趣旨ですので、できれば4月定例でも発表していただけると良いのですが、大物は中々直ぐにはいかない場合もあります。とりあえず会員登録だけでもしていただければ内容によって柔軟に対応する様検討してみます。


画像タイトル:img20090405201635.jpg -(61 KB)

リストア 松川@鎌倉 2009/04/05,20:16 No.1306 返信 (t)
29年ぶりにスピーカーをリストアしました。パイオニアのPE-101からPE-101Aへ変更しました。スピーカーの裏に何と「S55.2.7」と記入されていたので29年前に作ったものでした。
センターキャップがぼこぼこのユニットを外し、後ろのスピーカー端子も外し(交換)中の配線も外し交換しました。
エンクロージャーは塗装をはがし、凹凸を軽くパテで埋め木目調の壁紙材を貼り付けました。
まだ、エージングも行っていない段階で結構コチコチの音です。(前がぐにゃぐにゃ過ぎたのかも知れません。)
左の白っぽいコーンの黒いSPがS55作、右の木目調がH21リストアです。
>> 懐かしいSPですね〜 内田@群馬 2009/04/09,19:54 No.1313
私もPE101で30年前に作った事がありますのでとても
懐かしいですね、昔作った箱と同じ感じがするのですが
この箱はPE101の説明書に図面が出ていた奴ですか?
>> そーです 松川@鎌倉 2009/04/09,21:47 No.1314
内田@群馬さん、その通りです。
内寸 160×270×190 で ダクトが 開口 80×30 長さ 100
です。
作った当時はなーんも考えなくて図面どおりにつくりました。
>> おお! 大塚@川崎市 2009/04/20,21:17 No.1334
オリジナルをお持ちでしたか。

この新ユニットは結構長いことエージングしないと本来の性能が発揮できないようです。
私は復刻版しか持っていませんが、音の違いなどはあるのでしょうか。
興味深いですね。

エンクロージャの修復はお見事です。
>> お天気 松川@鎌倉 2009/05/13,19:52 No.1340
お天気さえよければ5月の三土会に持っていけるのですが。。
微妙・・
>> 無題 鈴木@文京区 2009/05/14,20:43 No.1341
私もお聞かせ頂ければ嬉しいので、当日天気が良いことを期待します。
私の方は持って行くシステムはありませんが。
>> エージング せきぐち@舘林 2009/05/14,23:33 No.1345
エージングの方法です。
http://blog.goo.ne.jp/parc-audio/e/42897a410419558ac683c1808fae8881

周囲では やってる人が以前からいましたが。

>> エージング 鈴木(文京区) 2009/05/15,09:04 No.1346
私は、最初に箱から出したときに、このようにさわってしまいます。
ですので、効果があったのかなかったのか実感できません。。。
しかし、ビデオにあったような触り心地の良さそうなエッジだけです。指に貼り付く感じのものにはしません。
無意識にやっていることがエージングになっているのですね。
こういう人は意外に多いのではないでしょうか。


画像タイトル:img20090317231729.jpg -(51 KB)

無題 @静岡 2009/03/17,23:17 No.1302 返信 (t)
また無計画のまま一気に作り上げました。
ユニットは一時期ネット上で話題になったR1800のものです。
アダプタを取り付けてあげないとマグネットが干渉してしまいますので
突貫で作りました。

内部ダクト16ミリ塩ビ管、80,70,60,50Hz
外部ダクト12ミリ塩ビ管、44,40,37,30Hz
だいたいフラットに出ているんじゃないでしょうか。
元気に鳴ってくれています。

箱のエージングが進んでいくのを楽しみにしています。
>> 無題 鈴木 2009/03/19,17:50 No.1303
高いほうの共振周波数が2桁なのがちょっと気になりますが、フラットに感じられるのはきっと成功ですね。写真では分りませんが、3インチ位でしょうか?
おそろしく速いですね。
ところで前のものはどうでしたか?
>> 無題 @静岡 2009/03/19,21:12 No.1304
ユニットは4インチです。
f0は70hz位ではないでしょうか。

前回の実験箱は、エージングが進むにつれて
低域が豊かになっていく様でしたが
もう一度設計し直したFE83様の箱が完成したら
とりあえず役割は終了にする予定です。

>> 無題 鈴木 2009/03/21,18:51 No.1305
4インチだと丁度良い感じですね。
試作品のFE83は、高域の癖が少いので、低域が豊かになるとおとなしく感じられたのではないでしょうか?FE83だったら、空気室をひとつ減らして小型化を図ってもいいかもしれませんね。
オリジナルを作られる方がいらっしゃるととても嬉しいです。設計は簡単なので、お好きなスピーカーユニットを活用してください。


画像タイトル:img20090308162707.jpg -(73 KB)

8センチMCAP 組み図 板取図 @静岡 2009/03/08,16:27 No.1297 返信 (t)
簡易プログラム完成しました。
結局、αとβは、鈴木さんのTR130bの計算結果から逆算して仮説をたてて誤摩化しました。
大気解放ダクトの質量も何故か0.68乗算しないと答えが合わないので
プログラムに組み込んで、よしとしてしまいましたがQU080bの
計算結果と特性評価に誤差が無さそうなので正解かもしれません。
コンデンサマイクを手に入れてから確認してみようと思います。
>> 無題 鈴木 2009/03/09,21:53 No.1298
簡易計算法の計算シートをアップロードしてみました。共振周波数の値が微妙に違いますが、無視できる範囲と思います。
http://www.geocities.com/sg_suzuki/indexj.html

結果をお聞きするのを楽しみにしています。
>> ありがとうございます!! @静岡 2009/03/10,00:10 No.1299
こんなに早くアップされるとは思っていませんでした。
今週中には取りかかりたいと思います。
>> 無題 @静岡 2009/03/10,18:57 No.1300
板取図に間違いを見つけました。
真ん中の緑の板の寸法が違います。

× 425×160

◯ 421×160


画像タイトル:img20090304023026.jpg -(57 KB)

無題 @静岡 2009/03/04,02:30 No.1285 返信 (t)
えいやっと組んでしまいました。
低域が出なければTangBand W3-517SBを導入してみます。
>> 速いですね! 鈴木 2009/03/04,21:02 No.1286
塩ビのパイプはかなり振動すると思うので、サポートをとることをお勧めします。
3インチユニットは取り付け寸法が共通なので色々試せますね。
塩ビ管は、どのようなボンドで接合したのですか?G17あたりですか?
私は塩ビ管を使ったことが無いので興味があります。
どんな音がするのか楽しみですね。
>> 無題 @静岡 2009/03/04,22:01 No.1287
正弦波スポット信号では140Hz以降からある程度減衰して
35Hzまでフラットに出てる様に聞こえます。
ジャンク品のマイクのせいかMacのせいか我が家にまともな
測定環境が整ってないのは確かでこれ以上はしらべようがないです。

試作と割り切って実験するのも楽しいんでもう片方の箱でも遊んでみます。
>> 無題 @静岡 2009/03/04,22:12 No.1288
鈴木様
塩ビ管は、φ22の外径に対してφ21の穴をあけ
先端をテーパー状に削りプラスチックハンマーで叩き込み
グルーガンで固定しました。
>> 無題 鈴木 2009/03/04,22:23 No.1289
@静岡さん
35Hzまでですか。凄いですね。両側を完成したら音楽信号での評価も教えてください。3インチのドライバーでは、ちょっと大人しく感じる音になりそうですね。
低音はフラットよりもダラ下がりのほうが好ましく聞こえるように思います。

塩ビ管の接合方法のご教授有難う御座いました。
>> 無題 @静岡 2009/03/05,22:28 No.1290
現在、モノラルで使用していますがちょっと大人し過ぎて面白くないです。
もう一箱は、外部ダクトの共振周波数38,50,55,60,Hz、でパイプカットしました。
一番下の空気室は、全面にダクトをつけられるので最低共振周波数のダクトを
そこにすれば少しは元気になるかもしれません。
完成したら報告します。

ちなみに箱の容積は、ユニット部が2リットル、他は2.9リットルです。
サブロク合板一枚で一セット作れるので経済的ですし複雑でもないので制作も楽です。
バスレフスピーカーシステムシミュレーション設定シートの使い方が解れば
>> 無題 鈴木 2009/03/06,23:58 No.1291
バスレフスピーカーシステムシミュレーション設定シートは、シングルバスレフ用ですから、MCAPに適用するには式も計算点数も増えて重くなります。多分、殆どの人が結果の解釈にもギブアップするのではないでしょうか。
MCAPで使えるようにするのは少し先になると思います。やり方は同じなので、挑戦する方が出てくれば手間が減ってうれしいですが。

簡易計算法のシートを作ったほうがよさそうですね。
>> 無題 @静岡 2009/03/07,06:52 No.1292
あれは、シングルバスレフ用だったっんですか。
鈴木さんのHPの技術文書「並列配置小部屋構造(MCAP)型スピーカーシステムの簡易計算方法」
を読んで、ユニットのスペックとTR130bの使用から計算したらほぼ同じ結果が出たので
これで計算できると思ってしまいました。
もう一度勉強し直します。
私のような文系の人間には、設計支援用のツールがあると嬉しいです。

後、大人し過ぎて面白くないのは私の設計の問題なんで、気になさらないで下さい。
元々、無茶を承知で勢いで作っています。
本番は、Hi-Vi M3Nで作るのが面白いかと思っています。
>> 無題 鈴木 2009/03/07,08:59 No.1293
簡易計算法は、MCAP用ですからそのまま使用しても大抵大丈夫だと思います。
未だ多くの計算例がありませんので検証は不十分ですが、デタラメでもありませんのでとりあえず大丈夫であろうと考えて載せています。

@静岡さんは、文系だったのですか。自作マニアには文系の方が割に多いようですね。MCAP型は、簡易計算でも計算点数が多いので、空気室容量やダクト断面積の適性範囲等が追求できてきたら、簡便法として、簡単なスプレッドシートに纏めようと思います。
>> 無題 @静岡 2009/03/07,19:23 No.1294
もう片方の箱も完成しました。
ローエンドを少しあげた分だけ元気になりました。
一発目は、30Hzのダクトがドライブしきれず機能していなかったのではないかと思います。

鈴木様
現在、簡易計算法のシートを作っているのですが相当剛性の計算の整合性がとれません。
等価容積の計算式をみるとVjの頭には、修正を実施した値を示す∧がついていますが
相当剛性の計算式の分母のVjの頭には、⌒がついています。
ここの違いになにかあると思うのですがどうでしょうか。
>> 無題 @静岡 2009/03/07,20:19 No.1295
aとαを混同していることにも気づきました。
ダクトを通して繋がった空気室の容量の、着目した空気室への付加割合を表す
パラ メータと言うことですがどうやって求めたのでしょうか?
>> 無題 鈴木 2009/03/07,21:01 No.1296
簡易計算式のαとβは、固有値計算を正として求めています。
固有値計算は、面倒なのであまりお勧めしませんが、詳細は、別の文書のAppendix-2に記載してあります。
ポートをいくつか塞ぐとチューニングできて音調を変えられますのでお試しください。長いダクトを塞ぐと元気の良い音に、短いダクトを塞ぐとローエンドが伸びるはずです。


画像タイトル:img20090220222440.jpg -(47 KB)

無題 @静岡 2009/02/20,22:24 No.1278 返信 (t)
鈴木さんのHPを読んで作ってみたくなりました。
使用ユニット FE83
H400×W174×D300 板厚12
ダクト 20ミリ塩ビ管 (一カ所はスリット)
>> 無題 鈴木 2009/02/21,00:06 No.1279
詳細は分りませんが面白そうですね。
できましたら是非ともご感想をお聞かせください。
>> 無題 @静岡 2009/02/28,17:59 No.1280
先日完成したH440×W169×D260のFE83バックロードで
35Hzまで出たんでもうちょっと低域を欲張らないと
意味がないかもしれないですね・・・・
設計やり直して制作に入ろうと思います。

>> 無題 鈴木 2009/03/02,00:31 No.1281
H440×W169×D260のFE83バックロードで35Hzが出るとは思いませんが、高調波歪を聞いていたのではありませんか?この寸法では多分70Hzが限界ではないかと思います。それもかなりレベルは低いと思います。
FFTアナライザでスィープ信号を測ると高調波が観察できて面白いですよ。バックロードで35Hzとなると、12cmクラスが必要だと思います。スーパースワンでも40Hz止まりだそうですので。
>> 無題 @静岡 2009/03/03,21:40 No.1282
お返事ありがとうございます。
確かにおっしゃる通りで大音量で35Hzの正弦波スポット信号が
聞き取れたと言う程度を割と聞こえると勘違いしただけでした。

うかつにも、その時の勢いで最低共振周波数30Hzの計算で設計し
ダクトをカットしてしまいました。
内部ダクトの共振周波数93,84,75,68hz 外部ダクトの共振周波数59,50,41,30Hz
と言った具合ですが、もう一度計算し直してカットするか
このまま作ってしまおうか悩みます。
>> 無題 鈴木 2009/03/03,23:04 No.1283
FE83だったら頑張っても40Hz程度しか出ないと思います。最低域は欲張れば欲張るほど中低域が犠牲になりやすいので、40Hzより下は狙わないほうが良いと思います。
計算としては50Hzを最下限にしても実際の音は、あっと驚く音になると思います。遊びの実験でしたら、大気開放型のダクトの1本を長めにしてみてください。最低域が伸びてきます。


バスレフ計算 白坂 @宮崎 2009/01/18,19:56 No.1274 返信 (t)
鈴木さん。ありがとうございます。すでにコピーしているのですが、私には難解なので思考が止まっていますがかなり有益な式があるので数年かかって解いていきたいと思います。
>> 無題 鈴木 2009/01/20,22:37 No.1276
白坂さん

私のレポートにも説明が舌足らずの部分が結構ありました。
いつになるかお約束できませんが、容量、ダクト面積と音圧の計算について書きたいと思います。
白坂さんのおっしゃるように、共振周波数を固定する場合は、容量をなるべく大きくし、ダクト面積をそこそこに押えるのが有利と思います。


12cm 白坂 @宮崎 2009/01/18,19:49 No.1273 返信 (t)
石田さん。なろほどぴったりですね。
12RW32はどこのメーカーのスピーカーユニットでしょうか?
WinPROシミュレーションをしてみたいため教えてください。
>> 12RW34 石田 2009/01/19,08:29 No.1275
 12RW34はDENONの保守品ユニット?で格安で売っている所があってその時にまとめて購入しました。まだ売っているようです。(5G−717R)http://www.fiveg.net/
 後はFOSTEXのFE167E、Scanの18W8545などのデータもあったと思いますが、大体合っていたと思います。


音圧シミュレーション 白坂 @宮崎 2009/01/17,10:10 No.1269 返信 (t)
石田さんありがとうございます。このソフトで挑戦したことがあるのですが英語である点とインプットしなければならないパラメーターが多すぎて全部がわかりませんでした。
このソフトもどのように計算していくのかが明らかにされてなく企業秘密でわからないので信用なりません。
代表例にあるSPユニットを使用して実験した人はその結果の周波数特性図を発表してもらえませんか?
たとえばSPの振動面積、振動板質量、QがわかればFob50Hz、箱容積が10Lとした時の大まかなバスレフ共鳴音圧の計算ができる式があると思うのですが。
>> シミュレーション 石田 2009/01/18,09:36 No.1271
WinPROでのシミュレーションにはティールスモールパラメータというSPの記述パラメータが必要なのですが、国産のSPカタログではあまり見まれません。またメーカの発表値と実際の測定でも違いがあるので実物を測定してみるのが一番なのですが、それもチョッと敷居が高いです。ユニットだけでもお借りできれば測定はできるのですがそれも大変ですね。
 一般的なユニットではないですが、私のブログの2008/5/28に測定例があります。
http://milestone.at.webry.info/200805/article_7.html
>> 音圧シミュレーション 鈴木 2009/01/18,10:18 No.1272
バスレフの音圧シミュレーションは下記にありますよ。純力学的で、電気的なことは分りませんが、物理的には間違ったことはしていないと思います。
http://www.geocities.com/sg_suzuki/indexj.html#bass-reflex


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / 35 / 40 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!