トータル081786 -今日0046 /昨日0039

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

半導体アンプ 分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 50 . 51 ]


プリ側は? 岩野@中野 2014/06/02,10:34 No.3140 返信 (t)
パワーの入力で、RCAを左右とも挿すと、ハム音がでる、片側だけ挿すとでないということですよね?

プリからのラインケーブルは同軸で平行にステレオのものですよね?
プリの送り出しの、左右のアースはどうなってますか?

パワーのコンデンサの容量は、80,000uFとのこと、通常であれば十二分な容量ですが、ダイオード、コンデンサ、アースの配線で電流が流れるリップル電流で、アースポイントが悪くて、ハム音の元をつくってませんかね?

容量を増せば、ハムは消えるのは、そこそこの容量までで、特に真空管とかの耐圧が大きいので、容量が稼げない(体積の関係でいれれない)場合は顕著ですが、


電源別筐体 石田晃司 2014/06/01,10:02 No.3136 返信 (t)
実は、電源別筐体で組んでまして、その筐体とアンプ部の筐体はFG繋がっていないことに気付きました。この点がハム音の原因でしょうか?いしだ@八王子
>> 無題 蝦名@茨城 2014/06/01,20:55 No.3138
気にしているハムのレベルにもよりますが、掲示板のやりとりで解決するような内容ではないと思います。他人に自分で作ったアンプについて正確な情報を伝えるのは非常に難しいです。
オシロと発振器を準備して各部の動作を確認し、問題点を追い込んで行かないと解決しないのではないでしょうか。
>> ケミコン容量 高宮@島根 2014/06/01,23:14 No.3139
電源コンデンサの容量を10倍にしてみるとハムは1/10になりませんか。


片Chでは問題ない理由 石田晃司 2014/06/01,09:32 No.3135 返信 (t)
蝦名@茨城さま
片Chのみの接続では全くハム音なしで(LのみRのみとも同様)両Ch接続時にハム音発生の理由がよくわかりません。バランス入力のー側はGNDから浮いているものですが、アンバランスをー側グランドにして入力すると−側入力をLR共通GNDにする配線になってしまいますが、その点は問題無いのでしょうか?
石田


グランド電位? 石田晃司 2014/06/01,08:35 No.3133 返信 (t)
蝦名@茨城さま
回答ありがとうございます。
このアンプの仕様は不明のまま組んでますが、もしバランス入力仕様の場合、入力−側をGnd共通にするとLRホット接続時、ハムが乗る(両chに同じようにのります)可能性はあるのでしょうか?
>> 無題 蝦名@茨城 2014/06/01,08:53 No.3134
バランス、アンバランスは関係の無い話です。
あくまで、実装上の問題です。アース配線をなるべくループを作らないように引き回すとか、入力側のアースは電流を流さないアースポイントから配線するとかの工夫が必要です。要するに、アース配線を抵抗と考えて、そこに発生する電圧で入力側の信号が変動しないようにするとか、他のチャンネルに影響しないようにする必要があります。
理想的には、出力段の電源と入力側の電源を分け、更に左右別々の電源に分けることです。こうすると、アースの配線が楽になります。現実にはそうもいかないので、配線の引き回しを工夫することになります。


LM3886の4パラBTL接続アンプ 石田晃司 2014/05/31,17:32 No.3131 返信 (t)
先ほど組み上がって音だしですが、無信号でもハム音が小さく入ります。片CHのpinプラグを外すときれいに収まり音も問題ない(L、Rとも片CHのみつないだときは問題なし。)電源は左右共通、250VAトランスにダイオード+コンデンサー(80,000uF)で容量は十分あるものです。アンプ基板はモノラル2枚構成です。ステレオ入力するとハム音なので不思議です。GNDは左右共通で入力端子付近に落としてます。何か思い当たる原因ありましたら、ご教授ください。
>> 無題 蝦名@茨城 2014/05/31,19:04 No.3132
可能性としては二つ位いあるように思います。
1.グラウンドループができていて、ハムを拾っている。
2.左右のアース配線に違いがあって、左右のアース間に電位差が生じている。
出力電源系は大きな電流が流れるので20cmくらいの太い配線でも、両端をオシロで見るとリップル波形が見えます。左右のアースにこの電位差が生じるようになっていると、片チャンネルでは問題なくても両チャンネルでアースを接続した時にリップル電圧を拾う可能性があります。


単三事故 石田晃司 2014/05/29,10:40 No.3130 返信 (t)
塩沢@町田さま
単三配電で接地が浮いている場合、機器のL1,L2にAC200Vがかかる場合があるのですね。
ちょっと、どのように使っていたのか知人に確認をとってみます。
情報ありがとうございました。
石田


画像タイトル:img20140528221017.jpg -(16 KB)

SW reg.故障モード 石田晃司 2014/05/28,22:10 No.3128 返信 (t)
岩野@中野さまフィルターのFGに1/2電源電圧が出てくる場合
1次側の異常で添付のようなフィルターのFGに電源電圧が出てくる場合があるらしいです。
>> RE:SW reg.故障モード 塩沢@町田 2014/05/29,06:06 No.3129
以下のURLをご参照ください。何か分かるかもしれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%9B%B83%E7%B7%9A%E5%BC%8F
https://www.kdh.or.jp/pdf/safe/document/by_es/h2103.4_2.pdf
その他、関連情報は、200V 単三 事故で検索してみてください。


SWレギュレータ故障 石田晃司 2014/05/26,23:31 No.3124 返信 (t)
いしだ@八王子です。SWレギュレータは故障しにくい電源と思いますが、1次側に何らかの異常が添加され、壊れる可能性はありますか?実際、SWレギュレータが逝ってますが原因不明です。想定される要因ありましたらご教授ください。例えば、高圧の入力で壊れますか?
>> SMPS SMPS 2014/05/27,13:01 No.3125
はじめまして。直接、高電圧入力で1次側が壊れることは少ないと思います。むしろ2次側ショートで1次パワートランジスタが壊れる確率が高いのではないでしょうか。あくまで想像ですが。それなりのものなら2次ショート保護で1次パワトラOFFの保護がありますが完全かはわかりません。
>> 電源の壊れ方 岩野@中野 2014/05/28,12:51 No.3127
1次側からの100V対応の電源に、高電圧の200Vを突っ込むとかならば、すぐに壊れると思いますが・・・少しの時間の高電圧(パルス状のノイズ)とかでは壊れた経験はありません。
(電源ユニットに対して、対ノイズ試験を行ったことはありますが、通常の規格を通す為の、外来ノイズ投入で、電源が壊れた経験は無いです)

実際に電源のどの部分が逝っているのでしょうか?
入力のヒューズは飛んでないですか?
飛んでないとしても、
電子部品が破壊されていると思いますが、どの部分でしょうか?
 パワートラ、コンデンサ、バリスタ、抵抗?


画像タイトル:img20140524114020.jpg -(88 KB)

MIT nakayama(岡崎) 2014/05/24,11:40 No.3119 返信 (t)
見元さん、石田さん、アドバイスありがとうございます。
今のところ回路は図のようになっています。
まな板(アルミ板でもまな板か・・・?)なので、アースが変な感じになっています。
LME49720実装で何時間か鳴らしてみましたが、大きな異常はなさそうなので、何かの箱に組んだ上で発振などの状況を確認したいと思います。

石ありきで始めたので、とりあえずTRは交換せずにやってみます。
ところで、カン違いしていたようなのですが、LME49720はFET入力ではないのですか?
>> LME49720 見元(大田区) 2014/05/24,19:12 No.3120
仕様書に記載はありませんが、音松さんのHPにはオールバイポーラと記載されています。また、インプットバイアスカレントが10nAとあります。FETならpAオーダーなので、FET入力ではないと思います。
>> LME49720とLM4562 masuda@東大和市 2014/05/26,12:52 No.3123
同じTi系のOPアンプですね。以下が資料ですね。
http://www.ti.com/product/LM4562/description


画像タイトル:img20140523134025.jpg -(15 KB)

nakayama(岡崎)さん 見元(大田区) 2014/05/23,13:40 No.3115 返信 (t)
最初にnakayamaさんのMITについて質問させてください。
クロスオーバー歪というのは、@Aどちらのことを言っていますか?
@が通常クロスオーバー歪と呼ばれています。MITではAの歪が出やすいです。
この歪はTrをON、もしくは低電流領域から大電流領域にドライブする際のドライブのしにくさに起因し、NFBを大量にかけると改善できます。パワーの大きなTrだとこの歪は大きくなります。まず小パワーTrへの変更をお勧めします。

・Aの歪改善のため、オペアンプ出力についている100オームを減らしてみてください。当初は発振防止のため入れましたが、ゲイン低下を招きます。回路によっては短絡でも問題ないと思います。
>> 無題 nakayama(岡崎) 2014/05/23,22:08 No.3116
見元さん、こんばんわ。
歪はLME49702の場合は@、その他の場合はAが近いです。
そういえばパスコンを忘れていた、ということで追加して組み付け直したときにコネクタの挿し間違いで石を全部飛ばしてしまいました。 先程全部交換してパスコンの効果を確かめたところ、LME49720では50Kまで歪が無くなっていました。(固体差かもしれませんが)OPA2604の方は若干改善されましたが、依然として何かの発振があります。 とりあえず、LME49720で安定稼動できるかどうか、確かめてみようと思っています。 今の状況で3Wくらいなのですが、TRの能力からいってちょっと情ないような・・・。しかし、ここから条件を変えるとまた不安定になりそうな感じです。
>> Trを変えてみませんか 見元(大田区) 2014/05/24,00:15 No.3117
MITは回路がシンプルな分、歪を除き、無調整で安定した出力が出せます。そして、部品点数的が少ない分、もし不具合があるとしたら出力Trしかないと疑いをいだきませんか(電源もありえますが)。

パワーの大きなTrはCobが大きいので入力容量も大きいはずです。一方、小パワーTrはCobが小さいので高域のポールが上がります(遮断周波数が高い)。MITにおける一番低いポールはオペアンプの裸のfcです(100Hzくらい)。大量にNFBをかけた後の安定性を考えると、Pcの小さなTrのほうが発振には有利です。
>> 無題 石田@北柏 2014/05/24,06:29 No.3118
 バイアス電流はどのくらい流れていますか。同じ回路でも出力Trが違えば定数を検討したほうが良いです。
 バイアス電流によって歪の出方が違います。私は少し大目に流して省電力というより、シンプルアンプとして使っています。

 発振の方はアースのとり方など配線方法の影響が大きいので実体配膳図でも見ないと詳細は解りませんね。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 50 . 51 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!