トータル041407 -今日0035 /昨日0038

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

球アンプ分科会の掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / 35 / 40 / ]


画像タイトル:western 91B 低域改善-002 -(82 KB)

western 91B 低域改善-002 masuda 2013/03/15,05:08 No.1682 返信 (t)
カソードコンデンサを100uFにすれば、低域は4Hzまで改善される。


画像タイトル:weatern 91B 低域改善回路 -(45 KB)

western 91B 低域改善 masuda 2013/03/14,22:31 No.1681 返信 (t)
前から気になってたwestern91B アンプのKG帰還。目的は当時、小容量だったカソードコンデンサのため、低域改善のようだ。このKG帰還により低域が約20Hzから10Hzに改善されている。しかしながら、現在では100uF程度は容易に設定できるので本補正は不要だろう。
(松並さんが確かMJでGF回路とか言ってたようだが、カソードコンデンサに100uFを使っている。ならば本回路は不要なのだが)


画像タイトル:VT-62 Single Power Amplifier -(135 KB)

VT-62 Single Power Amplifier 村田@熊本 2013/02/24,23:46 No.1677 返信 (t)
皆さん、こんばんは。
VT-62シングル・パワーアンプを作りました。
ラ技の武末氏の回路にしましたが、2点だけ変更しました。
1点目はチョークコイルの代わりにFETリップルフィルタとしました。
2点目は負電源です。2段目(増幅段)と3段目(カソードフォロア)をまとめたので
カソード・ヒーター間の耐圧を考慮する必要が生じた為です。それとバイアス調整用VRを設けました。武末氏の回路では2段目と3段目を別球とし、3段目のヒーターは接地してありませんでした。
ケースが少々小さすぎたようで部品配置が大変でした。500V耐圧のケミコンがあれば少しは楽だったと思います。
>> きれいな出来上がりですね 北裏@日暮里 2013/03/14,21:00 No.1680
美しいできあがり、音はもちろん、見た目も大切だなと思いました。
>> Re:きれいな出来上がりですね 村田@熊本 2013/03/16,10:48 No.1685
北裏さん、皆さん、こんにちは。
>美しいできあがり、・・・・
ありがとうございます。
製作時にもっと工夫する点に気づきましたが、1台きりの製作ですから
思い道理にはなりませんね。同じ回路で、すぐに作ればもっと良いのが
できると思います。一発勝負ですからね。
>> メインシステムに接続 村田@熊本 2013/10/09,23:44 No.1719
皆さん、こんばんは。
このアンプをメインシステムに接続しました。手持ちの関係で1W抵抗3本並列と
2本並列を、それぞれ、3W抵抗に変更しました。
フィラメント直流点火用のダイオード10KF40(4本/ch)の温度が高かったので、
FCH20A15+FRH20A15(各1本/ch)にし、放熱器を付けました。少しは温度低下した
ようです。このように変更してメインに入れ、聴いています。
高域が延びていて、低域が膨らんでいるような気がして、好きな音です。
しばらく、この音を楽しんでから、以前の50CA10pp/Lux:F-783と比較したい
と思います。


画像タイトル:img20130115172138.jpg -(186 KB)

Trioderizer_300B修正 masuda 2013/01/15,17:21 No.1675 返信 (t)
村田先生、ご指摘ありがとうございます。原因は、出力トランスの設定ミスでした。当初、結合係数をえいやの=0.98で行ってました。これをAyumiさん(中林歩さん=真空管アンプのしくみと基本(回路シミュレータTina))本を参考に、”市販トランスは通常、0.9999以上”とあり、結合係数=0.9999でシミュレートしたところ、300Bで約70kHz(-3dB)となりました。ややできすぎの感ではありますが。通常、無帰還アンプでは音声帯域上限20kHz前後で高域落ちがはじまるので、当初の結果はかなり早めに落ちるとは感じてました。


画像タイトル:img20130115005837.jpg -(175 KB)

300B trioderizer masuda 2013/01/15,00:58 No.1672 返信 (t)
nakayama(岡崎)さん、増田です。
ご指摘の件、一応トータル回路でF特性をシミュレートした結果です。
青が300Bオリジナル特性。赤が今回のtrioderizerのもので、f特性が悪い方からC1=0、200、400、600pFです。
まあ、予想どうり高域落ちは早いです。C補正とは図の位置のことかは?ですが、とりあえずやってみました。オリジナルの300B特性もこんなものなので、思ったよりは実音は悪くないかもしれません。
>> 結果 nakayama(岡崎) 2013/01/15,11:25 No.1673
増田さん、こんにちわ。シミュレートありがとうございます。
LTspiceで速攻挫折した身にとっては、こういうプログラムを操れる人はうらやましいです。
結果はなんとも言えない感じですが、実機にしても多少の効果は望めそうですね。
私が超3でやった時のCの位置は、D-G帰還部でしたので、このシミュレーションでは、R4と並列となるところです。
先のkatou@刈谷さんの2A3ではCなしでしたが。
自分は3極管といえば6GAH4のおなじみアンプしか持っていないので、この際、
300Bを奮発して実験してみますか・・・?
>> 周波数特性について 村田@熊本 2013/01/15,12:36 No.1674
masudaさん、nakayamaさん、皆さん、こんにちは。
青で示されたオリジナル300Bでの周波数特性ですが、何でこんなに高域が落ちているのでしょうか。
1桁くらい周波数がずれているような気がしますが。
>> 結果 masuda 2013/01/15,22:10 No.1676
nakayama(岡崎)さん、こんにちは。増田です。
LTspiceですか。当方はMicrocapが長く、Tinaは最近使い始めたところです。当方も見よう見まねで使うところも多々あります。どちらもお試し版です。この手のソフトのマニュアルを読んでも(英文)であることもあり、イマイチ??で中々使いこなせません。回路シミュレータレベルになると、趣味としては特殊な部類になるのか、仲々わかりやすい参照図書が出ませんね。それにストレスなしに使うには、各コマンドメニューの使い方に慣れないとうまくいきません。このあたりもちょっとなんとかならないかと当方も思っています。


画像タイトル:img20130113163602.jpg -(179 KB)

Trioderizer_300B masuda 2013/01/13,16:36 No.1670 返信 (t)
masudaです。今度は三極管300Bのtiroderizerです。実回路でもなんとか音が出ると思います。問題は、
@100k〜megΩの高抵抗を使用するので電極間容量に負け高域特性が悪くなりそう。
APpが10〜20Wのプレート損失熱の放熱をどうすべきか。DCファンしかなさそう。
結局、MOSFET置き換えで良い音がするとは思えないが遊びでは面白そう。
>> 置換 nakayama(岡崎) 2013/01/14,14:57 No.1671
katou@刈谷さんの2A3置き換えでも結構な音がしていましたし、
可能性はありそうな気が・・・。
自分がやってみたところでは、帰還部の容量補償(?)コンデンサの大小で
特性変化が大きかったです。
これを加えるとどうなりますでしょうか・・・?


画像タイトル:Pentoderizer_SG -(144 KB)

Pentoderizer-02 masuda 2013/01/13,14:09 No.1669 返信 (t)
追加で、SG特性です。まなんとか近似されたるような感じです。


画像タイトル:Pentoderizer -(166 KB)

Pentode_rizer masuda 2013/01/13,14:06 No.1668 返信 (t)
こんにちはです。増田です。先の妙法寺の半導体トランスアンプのTrioderizerに触発されて、Pentoderizerをシミュレーションしてみました。
元球は6BQ5で、青が元球データ、赤がMOSFET=2SK351です。
シミュレーション上ではなんとか動いてます。


画像タイトル:img20121222171137.jpg -(78 KB)

16C-B28/FET シングル・ハイブリッドアンプ 小島(京都) 2012/12/22,17:11 No.1656 返信 (t)
アンプの投稿は初めてですが宜しくお願い致します。
初段電圧増幅管のヒーターを出力段FETソースフォロアの負荷抵抗にして点灯したハイブリッドシングルアンプです。
京都の試聴会で聴いていただきましたが比較的好印象だったのか、追試製作もされ再現性もあるようなのでUPさせていただきました。
出力段が球ではなくFETですのでハイブリッドとはいっても、チョッとカテゴリーから外れるかも知れませんがお許しください。
アンプの詳しい内容はブログに製作の様子をUPしてますので宜しければご覧くださいませ。
>> 面白いです 潮名誠之 2012/12/22,20:46 No.1657
真空管のヒーターを負荷抵抗とすれば、放熱に苦労しないですみますね。
ドライバー管は実効プレート電圧たった9.5Vで働いています。出力は2V位でしょうか。
さすが水平偏向出力管、見た目もカッコいいです!
>> コメント有難うございます〜。 小島(京都) 2012/12/24,00:42 No.1659
簡単なわりには結構良い音がしますので左右chをBTL接続にてPP化の実験をしてみようと思っています。
結果が良ければ新たにPPでのステレオアンプを製作するつもりですが、
出力アップならびに出力コンデンサーも省略できそうで面白そうです〜。
>> PP化ですか 潮名誠之 2012/12/25,10:20 No.1660
それも面白そうですね。
片チャネルの出力を抵抗分割して他チャネルの入力に加えれば
抵抗2本のみでPP化できそうです。
結果を楽しみにしています。
>> BTLの実験をしましたが・・・。 小島(京都) 2012/12/25,14:45 No.1661
BTL接続でのPP化の実験をしてそれなりの結果は出ましたが、
いざアンプ製作となると色々悩んでしまいます〜〜。

実験結果→http://blogs.yahoo.co.jp/kojima29111/10266009.html
製作となると?→http://blogs.yahoo.co.jp/kojima29111/10268654.html
>> なるほど 潮名誠之 2012/12/27,22:24 No.1662
パラレル動作の実験をされてみてはいかがでしょう。
つまり入力、出力をそれぞれパラ接続してみては?
小島さんが妄想と言われているいくつかのプランの中で
私が興味あるのは直結ドライブです。
このとき、ドライバー管のSG電源をFETのソースから供給することにより
直結動作の安定化を図ることができると思います。
ただしSGへの帰還は音質的に問題があるとのことですが・・・
>> 直結のプッシュプルなんぞ。 小島(京都) 2013/01/10,02:44 No.1663
プッシュプルの回路を考えてみました〜。しかも直結で・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/kojima29111/10354146.html
>> この回路だと ARITO@伊吹南麓 2013/01/10,08:18 No.1664
DCサーボ無しでは厳しそうですね。
是非サーボを掛けましょう。
>> 鋭いご指摘。 小島(京都) 2013/01/10,09:02 No.1665
ARITOさん、そうなんですよ〜。村嶋さんもそれで相当苦労されたみたいで不安な所です。
ただヒーターの点灯がFETのソース電流に拠りますので、ヒーターへのエミッション的には帰還が掛かり何とか安定が保てないかと思うのですが・・・?。
取り合えず実験してみます〜。
>> 直結の実験取り合えず成功! 小島(京都) 2013/01/10,15:18 No.1666
簡単にシングル回路を組んで直結動作の実験をしましたが、
思惑通りそこそこエミッションは安定に動作することが分かりました〜。
差動ドライバー直結のBTLプッシュプルも何とかなりそうだと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/kojima29111/10355792.html
>> 安定しているなら ARITO@伊吹南麓 2013/01/10,17:27 No.1667
ゼロV調整さえしてやれば、サーボを掛けなくても実用になるかも。


画像タイトル:img20121008190504.jpg -(81 KB)

ステレオ化 松川@鎌倉 2012/10/08,19:05 No.1652 返信 (t)
すみません、連貼になってしまいました。
やっと、2台目ができてステレオになりました。
2台目の方がハムがでてややゲインが少ないようです。
外見は同じ部品が並んでいますが、中を見るとけっこうそこらにあった部品を使っているなという感じです。
やっとお寺大会のオークションで手に入れたARITOさんのトランスを使うことができました。
>> 完成おめでとうございます ARITO@伊吹南麓 2012/10/10,08:08 No.1653
拙のOPTを落札、アンプ製作いただき、ありがとうございます。

シングルの音とは違うということですが、プッシュプルアンプは普通に作ると
シングルとは違う、音の不明瞭さ、みたいなものを感じますね。

シングルは綺麗な音がするのですが迫力に欠けますので、私はプッシュプルを
ベースにシングルの音を目指しています。 差動PP、フローティングOPT
あるいはCSPPといったプッシュプル信号の波形合成をOPTの一次側の
電磁結合に頼らない方式では、シングルに近い明瞭度が得られ、かつシングルでは
味わえない力強さを両立できるように思います。
>> ありがとうございます。 松川@鎌倉 2012/10/11,22:48 No.1654
ARITOさんの言われるとおりです。音が前に出てくる感じがするのは迫力が出たためかもしれませんが、ちょっと高音がちょっと違う気がするのは音の不明瞭さのせいなのでしょうか?でも、部屋でちょっと小さめの音量で聞いていると気にならないでいい音だと思います。もう少しエージングが進むとどうなってくるか楽しみです。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / 35 / 40 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!