画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

球アンプ分科会の掲示板


   ページ指定:[ 1 / ]


画像タイトル:img20120411160724.jpg -(120 KB)

直熱管フォノイコライザーの実験 潮名誠之 2012/04/11,16:07 No.1613
みなさま、こんにちは。

直熱管でMMカートリッジ用フォノイコライザーを作ってみました。
初段はサブミニ5極管5678、2段目は7ピンmTビーム送信管3B4です。
初段は無帰還でそのまま増幅、2段目はP-G帰還型のイコライザー回路になっています。

まだデータをとっていないので、正確なところはわかりませんが
音を聴いた感じでは、おおむねうまく動いているようです。
ノイズが大きめですが、十分使えます。

ノイズは初段管5678から出ています。
この球は10本あるので、それらの中からノイズの小さいものを選別してみようと思います。
>> ノイズの発生源 潮名誠之 2012/05/04,22:31 No.1614
5678ではノイズが下がらないので、6088に変更しました。
この球はgmが低いのでゲインは低下しましたが、ノイズも小さくなりました。
(と、いうことはS/Nはそれほど変わらないのかも)
SG電圧が高すぎたので、これを下げるためにSGにCRフィルタを挿入したところ、ノイズが低下しました。ということは、このノイズは真空管から発生しているのではなく、電源ノイズかもしれません。
「ザー」というノイズで、発生源はSG電圧の安定化に使ったツェナーダイオードが怪しそうです。
さて、f特測定の結果、30HzでのRIAA偏差が約-4dBでした。NF量が不足しているようです。目下調整中です。
>> 無題 石田 2012/05/05,08:05 No.1615
 低域で偏差がマイナスなのはオープンループのゲインが不足かもしれませんね。
>> コメントありがとうございます 潮名誠之 2012/05/05,08:26 No.1616
予備テストの結果では、3B4一段のオープンゲインは12.5倍=21.9dBでした。
ギリギリ何とかなると思ってこのEQを作ってみたのですが
ご指摘のとおりゲイン不足かもしれません。
>> 調整の結果 潮名誠之 2012/05/06,15:03 No.1617
NF量を増加し、30Hz〜15KHzのRIAA偏差を±1dB以内に収めることができました。
(入力3mV一定、負荷43KΩにて測定)
1KHzにおけるゲインは65倍=36dBでした。
もうひとつ同じものを作ってステレオとするとともに電源を改良して雑音低減を図ります。
>> ノイズ問題解決 潮名誠之 2012/07/25,12:08 No.1642
ノイズの本当の発生源がわかりました。フィラメントのDC点火電源でした。
このEQは2本のフィラメント電圧が異なる球を共通の電源で点火するとともに、フィラメントを介しての相互干渉を防ぐため、定電流点火となっています。
その方法は、フィラメント電源のプラス側に対して−5Vの電圧を3端子レギュレータで作り、その電圧をPNPトランジスタでV/I変換した電流をフィラメントに流しています。
1球につき1個のPNPトランジスタを使うことによって、フィラメント電源を共通化しました。
このとき、フィラメントのバイパスコンデンサを省略してしまったのが間違いでした。


[返信しないで戻る]