画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

外道 分科会掲示板


   ページ指定:[ 1 . ]


画像タイトル:img20080616211427.jpg -(138 KB)

3A5×100、ただ今調整中です 村嶋(泉南郡) 2008/06/16,21:14 No.953
 大阪・熊取の村嶋です。今日ようやく音を出せるようになりました。まだどことなく納得の行かない音を出しますので現在調整中です。心配していたパラスチックや高音の落ち込みは無いようです。しかしどうも低域が弱い感じがしますので回路の見直しや定数の変更をやっています。
 さすがに100本も動作するとカソード側の300Wの抵抗が熱くなります。プレート電流は片ch1Aしか流していませんが案外熱いです。反対にプレート側の負荷抵抗は温度は上がらず涼しい状態です。フィラメントは合計1.4Vの22Aです。
 さて、これがお寺でどのように鳴るかが楽しみですね。
>> お〜〜出来ましたか! 内田@群馬 2008/06/17,20:09 No.954
1・2・3・・・確かに100本ありますね,ん?
もしかしたらギネスに挑戦していませんか?
まるで真空管のエージング装置みたいで良い感じですね(笑)
お寺まであと少し最後の追い込み頑張ってくださいませ♪
>> 調整が終わりました 村嶋(泉南郡) 2008/06/17,21:35 No.958
 内田さんもアンプが完成されているようで本番が楽しみですね。ようやくこのアンプの調整が終わりました。最初に載せていた250Wのクラッド抵抗は120Wの巻き線抵抗に変更しました。これからちょっと回路をいじって低音がよく出るようになりまして、アンプのレスポンスはインターステージのトランス(実は100円の電源トランス)を使っていますが7Hz〜42KHzと広範囲です。音が明瞭でさすがにOTLといった感じですが、3A5は元々gmが低くて内部抵抗も8Kと高く、とても本格的OTLには向いていないことがこれを作ってよく分かりました。まして1段差動でのOTLは予定していた出力1.2Wが出てくれません。これではクラス1に転落です。このズウタイでクラス1とは・・・・でもなにもOTL大会でもないのでマッチングトランスをつければクラス2はOKとなりますので、あくまでクラス2で押し通しましょう。
 内田さんなるほどエージングマシンといった感じに見えますね、実はこのアンプの愛称があるのです。それは「コーラス」と名づけています。見ればお分かりですね。
>> 祝完成! みむら 2008/06/17,23:05 No.959
私もずらりと並んだ3A5を眺めていると、ミニチュアの人間のように見えました。特に白い紙?のようなものがゼッケンに見えてしまって・・・お披露目の曲はコーラスでしょうか?楽しみです。
>> シャーシと木枠の関係 まるぼうず 2008/06/18,09:21 No.961
いやはや、壮観なアンプの完成ですね。見ているだけで魂が癒される?あるいは高揚する?
ところで、キャスター付きの木枠とアンプのシャーシの関係はどうなっているのですか?お見受けしたところ、アンプのパネルは4本のビスで2重構造になっている木枠に固定されているような。
真空管ソケット(当然100個あるのでしょうが)からの配線は上部の木を貫通してアンプ部に入る?
枠内は上がアンプ部で下が電源部くらいしか分かりません。
調整しやすいようにいろんな工夫をされていることは想像に難くありませんが、当日分解も出来ないでしょうから、ちょっとだけ教えてくださいな。
>> あら? さいとう@茨城 2008/06/18,10:10 No.962
>1.4Vの22A
 ヒータだけで見ると、本数のインパクトと比較して
ずいぶん控えめな電力消費なんですね。

しかし1Fのゴーヤ状の物体(笑) と、2Fは相当凄そうですね。
あの抵抗見た時、あぁ、サイズが10倍違っても、構造は同じなんだなぁと思いました。

お寺で目の当たりにする事を楽しみにしています。
>> このアンプの構造ですが 村嶋(泉南郡) 2008/06/18,10:40 No.963
 まるぼうずさん、こんにちは。このアンプの構造のお尋ねについて簡単に説明しますと、まず金属のシャーシは使っていません(前面のパネルには使ってありますが)。一番上のアンプ部は丁度ブレッドボードとなっていまして100個のソケットは木の板に木ネジ1本で留めてあります。それと配線は全部板の上で済ませていますので、特に普通のシャーシのようなウラがありません。もちろん下のところとつなぐ線は貫通させています。
>> 補足です 村嶋(泉南郡) 2008/06/18,10:56 No.964
 一番上のアンプ部は板1枚だけという丁度2階部分のフタのような構造です。それから下の2つの部分はそれぞれ天井の無い部屋という感じで、上からの調整がとてもやり易くなっています。


[返信しないで戻る]