トータル046755 -今日0023 /昨日0081

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

ラジオ分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]


画像タイトル:鉱石ラジオ -(77 KB)

ラジオ一年生 Andy Sugahara 2005/05/31,03:37 No.217 返信 (t)
皆さん、ご無沙汰しております。Andy@とろんとです。
最近分科会の書き込みが少なく寂しく思ってましたが自分で投稿もせずでは申し訳ないと何かしなければと思い投稿しました。子供の頃のいたずらをなぞって、先ずは鉱石(ゲルマニューム)ラジオから始めました。小学三年生の時作ったのを思い出しながら作りましたがバリコンが二連でチョッと興ざめです。コイルは春日無線(懐かしい、今はケンウッド)でしたが今回は自作です。左の赤い端子はアンテナ、黒がアース。上は鉱石(ダイオード)を取り替えられるようにしてあります。右はレシーバー用のRCAを二つ付けてステレオにつなぐ様にしました。適当なアンテナでローカルの10局位が入ります。混信も気になりません。次は並三の予定です。


ありがとうございます 原恒夫 2005/02/09,18:06 No.216 返信 (t)
管理人の山田さんから書き込みをいただき感激しています。管理人さんはじめ掲示板の皆様よろしくお願いします。  原


URL訂正です 原恒夫 2005/02/05,17:49 No.214 返信 (t)
老眼のためWが4つになっているのに気が付きませんでした。訂正します。

URL http://www.ja8atg.com
>> 無題 やまだ 2005/02/08,08:11 No.215
原さん、はじめまして。だめ管理人の山田です。
さっそくHP拝見しました。ラジオ関係よりもその上の方のに惹かれて読み込んでしまいました。うーん、すごい。

 ラジオ関連も非常に親切で、さすが教えるお仕事の方と感心しました。
今後ともよろしくお願いいたします。


初めまして 原恒夫 2005/02/05,17:46 No.213 返信 (t)
北海道の原と申します。皆さんのラジオ製作の情報交換を拝見しておりました。私も元ラジオ少年で、今は札幌の青少年の皆さんとラジオ作りを楽しんでいます。それで、製作したラジオのHPを作ってみました。まだ作りかけですが、先輩諸氏のご助言とご指導をお願いいたします。
URL http://wwww.ja8atg.com


無題 F 林 2005/01/31,12:05 No.212 返信 (t)
インターネットって色々情報が詰まっていて楽しいですね。
21世紀になってもゲルマラジオまだまだ研究の余地あるみたいです。


画像タイトル:img20050128235851.jpg -(43 KB)

3A5再生式ラジオです 村嶋  (大阪 泉南郡) 2005/01/28,23:58 No.209 返信 (t)
 どうも、大阪熊取の村嶋です。この分科会には1年以上ご無沙汰しておりました。
 さて、最近QRPアンプでよく使っている3A5を使って小さいラジオを作りましたので載せて見ます。写真にありますようにとにかく小さくということで、ケースなどは使わずに部品をそれぞれ両面テープで貼りつけて剥き出しの状態です。3A5もソケットを使わずに足にソケット用のピンだけを使って接続しているのと3A5の固定のためメッキ線にて球の上下にリングとして取りつけてあります。
 電源は裏に単5電池を2本抱かせています。B電源にはDC−DCコンバターで3Vから10Vに昇圧してあります。
 バーアンテナに再生用のコイルを追加して、再生の調整はVRにて(テッペンにあるツマミです)行ないます。
 これで実際に受信してみるととても感度が良く、国内だけでなく韓国の放送もアンテナ線を張らずに聞えます。それと分離もよく混信はありません。
 このラジオは全体に形としてはまとまりは全く無い状態で、自分はこれを「ハウルの動く城」のように見え(とにかくゴチャゴチャ)愉快に思っています。それで、写真に映っているのが特に正面ということではありません。
 このラジオは丁度ポッケトに入りますので今度外出して聞いてみることにします。
 


自作真空管ラジオ 竹内 2004/11/14,20:00 No.203 返信 (t)
初めまして。竹内といいます。
眠っていました「ラジオ少年」が数年前目覚めました、おじさんです。
拙作ではありますが、下記のURLでアップしております。宜しかったらご覧ください。

http://www.go.tvm.ne.jp/~ame04322/index.html
>> 無題 やまだ 2005/01/23,19:01 No.205
竹内さん、こんな遅くになってのコメントですいません。ダメ管理人の山田です。Webページ拝見しました。私も10年ほど前まで信州におりました。今後もよろしくお願いいたします。


再生式鉱石ラジオ F 林 2004/11/12,07:54 No.202 返信 (t)
初めまして。掲示板楽しくみています。ところで温故知新
http://fomalhaut.web.infoseek.co.jp/の 鉱石とその受信機に
再生式鉱石ラジオの記事があります。作ってみたいのですが鉱石検波器?の
特性が普通?じゃないようで現代の部品で代替品があればと。
さうがに発振までは起こらないと。
>> 無題 やまだ 2005/01/23,19:31 No.206
どうも。ダメ管理人のやまだです。興味深いページをご紹介いただきありがとうございます。この再生式鉱石ラジオにある「負特性のある鉱石」って、ゲルマニウムダイオードを逆方向に並列につないだもんで何とかなりませんかね。

 以前直径2mのループアンテナを持つ鉱石ラジオを作ったことがありますが、外部アンテナ・アースなしでレシーバーを耳につけていられないほどの大音量で鳴ったので、16k:8オームの出力トランスを解してスピーカーをつないだら、静かな室内では問題ないほどの音量で鳴りました。
>> 無題 F 林 2005/01/24,18:07 No.207
最近 全体的に書き込み減りましたね。皆さん忙しいのかな?
 ところで基本のゲルマラジオ 同調コイルに直接長いアンテナ、アースを
 接続すると共振周波数が下がり低い放送局しか聞こえません。で
 アンテナかアース間に直列にVC入れたら上の方まで聞こえる様になり
 混信も減りました。あまりにも簡単でびっくり!ちなみにエアバリコンです。
 
>> 無題 masudaです 2005/01/29,13:23 No.211
このコーナ、初めてです。この件、初耳です。
鉱石検波器に負性抵抗があるので、結果的に増幅作用ができ、正帰還ができる
のですね。ホント????です。
負性抵抗を持つダイオード??しかも、鉱石ラジオレベルの低電流下で。そんな
ものあるのか、当方もわかりません。
有名なところでは、マイクロ波帯ダイオードとして、江崎ダイオードやガンダイ
オードが、負性抵抗を持ちます。江崎ダイオードは、ノーベル賞の江崎さんが
ソニーで作ったもの。ガンダイオードはミサイルレーダに使われてるようです。
どちらも、現在民生用に使うものではないので入手難でしょう。
そういえば、自動ドアのセンサーや自動車用レーダ(数千円で売ってるピピ鳴る
やつ)に使われているマイクロ波ダイオードが候補でしょう。
しかし、負性特性があったとしても、鉱石ラジオレベルで負性領域があるもの
を探さなければなりません。感度の悪いものなら、負性領域までバイアスしな
ければなりません。すなわち電源が必要です。これでは、無電源の鉱石ラジオ
の価値は半減します。

この記事、当時の鉱石検波器という不安定な代物から偶然に発生した現象でしょ
う。現在の部品では、普通、負性抵抗は不安定な発振要因ですから、極力なくす
ようにつとめますので、そのような特性はまずありません。
現在部品による代替は、難しそうです。

つるはし持って、裏山を探したほうがいいかも。(冗談です。)



並三ラジオの設計? うだ 2004/10/24,19:07 No.200 返信 (t)
6267 の動作ですね。 検波の場合、動作点設定というより抵抗結合増幅器データに準じると考えています。

抵抗結合増幅器データは、一木典吉氏著「全日本真空管マニュアル」ラジオ技術全書002A ラジオ技術社 18版1刷 1974
では pp253-272 に記載ですが、6267 は記載なく 6C6 の値でよいでしょう。 R2/R3 の値で良いと思います。 

R5/R6/R7 の設定は並三の設計というより、6267-6BQ5 アンプの設計と同義でしょう。

(1) R5 ----47kΩ はこれで良いでしょう。 オーディオでの五極管初段のデカップリング回路そのものです。

(2) R6 ----6BQ5 の Ep-Ip への Esg 依存度から動作点を決めて設定するもので、それに見合う R4 を設定された
  ものと思います。 SG 電圧を落としても、Rk を大きく取っても Ip を抑えることができますが、
  予め大きめに設定して、実機で動作を確認しながら、調整するのが早道でしょう。

(3) R7 ----6267 の Ip/Isg は無視できる程度に少なく、従って 6BQ5 の Ip+Isg にて、必要な B電流が決まります。
  裸の B電圧 Ebb === C8 点にて所定の B電圧が取れるような値にします。 実機で調整するのが早道です。
  ハムが残るなら、二段πも方法です。 ハムを取るのが先決、B電圧が 10% ぐらい不足しても問題になりません。
  パワートランスの規格値は守りましょう。
>> ありがとうございました。 tty2065 2004/10/24,21:38 No.201
宇多さん、
早速の返信ありがとうございます。
(1)R5は47Kとしてみます。
(2)R6はまず、5Kくらいから実機調整ということにします。Rkをあげる手もありということですね。いずれにしてももう一度Ep-IPグラフを見直してみます。
Ip=30mA程度でIsg=4m以下位のところがみつかれば電源が持ちそうです。
(3)6267 の Ip/Isg は無視できる程度に少なく、従って 6BQ5 の Ip+Isg にて、必要な B電流が決まります.→これでだいぶ気が楽になりました。2段πというのラジオには大げさかと思いましたが、検討の余地ありということですね。こちらも”まず作ってみよう”ということでやっています。
2kで10Wというのも熱くなりそうでしたので2段πでそれぞれの抵抗への負担が減るのは歓迎です。

なかなか工作の時間が取れないのですが、ぼちぼちと経過報告させていただきます。

一応、当方の全製作(といって3台だけ)は、
http://homepage3.nifty.com/VT100/
においてあります。いずれも掲載記事からそのまま作ったもので、自作というより組み立てレベルでお恥ずかしいです。



>> やっと出来上がりました tty2065 2005/10/21,12:04 No.239
アドバイスありがとうございました。
あれから1年も経過してしまったのですが、出来上がりました。
ベランダにアンテナをたらせば、感度も音量も申し分ありません。
信号がないところではハムが残りますが、たぶん配線とアースのとり方
のためと思います。
外見はRCA/Westinghouse のRC(http://www.h2.dion.ne.jp/~ik-radio/radi-RC.htm)風にしてみました。
>> 画像です。 tty2065 2005/10/21,12:59 No.240
「返信」では画像が添付できないようですので、
出来上がり写真はこちら、http://homepage3.nifty.com/VT100/sakusaku/4_1.htm
においてみました。
>> カッコイイですね うだ 2005/10/21,15:46 No.241
こんにちは。 ブラック・フェースでなかなかのスタイルですね。

tty2065 さんは左利き?。 わたくしは習慣として同調ダイアルが右です。
昔の横長の五球スーパーなども、同調ツマミとダイアルが右にありました。

同調ダイアルの周波数が、実測記入なら脱帽・感涙ものです。
>> ダイアルメモリは...... tty2065 2005/10/21,17:22 No.242
確かに同調は右手で操作するのですから、右にあるほうがいいですね。
あ、私は右利きです。
アンプは必ずスイッチを左に、ボリュームつまみを右にと硬く守っていたのですが… ラジオもそうしたほうがよいですね。 次作からはそうさせてもらいます。といいつつ次はいつになるのやら。

ダイアルの周波数は合っていません、AES(Antique Electroniic Supply)で購入した市販品の ワまです。 バリコンのシャフトはインチでしたので、ダイアルもUS製となりました。

前面の黒い板はベーク版を探したのですが、黒は見当たらず、アクリル板です。
4mmのアクリル板の加工は結構手間でした。

そのうちホームページもきれいにしたいです。が、これもいつになるやらです。

アンプの会の皆様のページとこの分科会掲示板には本当に日々お世話になっております。 これからもよろしくお願いいたします。



画像タイトル:並三回路 -(43 KB)

並三ラジオの設計? TTY2065 2004/10/24,15:51 No.199 返信 (t)
初めてUPさせていただきます。

宇田氏の並三ラジオの製作http://www2u.biglobe.ne.jp/~hu_amp/rx0v2.htmに触発され、
ぜひ作ってみようと思っております。はじめての真空管ラジオですが、手持ちの6267
と6BQ5でいけるのではと添付のような回路を考えました、回路自体は定番のようですが、
6267の動作点の決め方がわからず、したがってプレート電流もわからず、したがって
R5,R6,R7がでたらめになってしまいました。この
また、トランスが東栄並四トランスで230V、35mAとありますので6BQ5のバイアスは高め、
プレート電流は30mAくらいにする必要がありそうです。もっともトランスはまだ未購入
なので、ZT-03(220V,30VA)とヒータトランスのセットに変更もありえますが、それでも
6267の動作がわからないと抵抗値が決まりませんので困っています。
R5,R6,R7の抵抗値をいくつにすればよいでしょうか?(ほかにも変更必要なところが
ありそうですが)

アンプに関しては設計の本が各種あって何とかなりそう(よい設計といういみではない)
ですが、ラジオは(現在手に入る)設計入門書がないものでしょうか?

どうもいきなりの投稿が質問で気が引けていますが、とにかく1台作らないことには
ネタがないので、よろしくご指導のほどお願いいたします。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!