トータル064442 -今日0001 /昨日0152

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

ラジオ分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]


画像タイトル:Philco Model 70A -(127 KB)

骨董ラジオ スガハラ 2011/01/17,08:29 No.572 返信 (t)
カシードロ ラジオ
地下室の物置からPhilcoのラジオを引っ張り出しました。Model70Aとあります。Philco本社はフィラデルフィアだったと思うのですがこのモデルはPhilco トロントで作られたものです。電源は116Vですが周波数が25〜40Hzとなっています。この地帯は昔25Hzだったとは聞いていましたがヤハリ!。電源トランスが馬鹿大きいこと! そのうち25〜60Hzというモデルが出回り段々と60Hzにきりかえられたんでしょう。広い国ですから切り替えには時間が掛かったのでしょう。そう言えばそれ程でもない昔(10年位前かな)交換嬢(と言ってもお婆さんでしたが)が必要な電話地区があるってCBC(カ ナダのNHK)で報道してました。チョッと田舎に行くと携帯電話の電波が届かないところはザラです。クマ、シカ、タヌキ、スカンク、ビーバーしか住んでない所ばかりですから。
Philco 70Aは高周波増幅2段、検波226、24Aによる低周波二段増幅出力47、整流が80という7球の構成です。確か24A 1本を取替えトップグリットの線を発振しないようにシールド線に代えて一応作動するようにした覚えがあります。今でも近くの局なら鳴ってくれます。7球ですがラジオとしての性能は今ならゲルマニュームラジオ程度です。昔の人(アメリカ人)の根性を垣間見るラジオです。
>> カセドラル NOAH@愛知 2011/01/17,21:13 No.573
なんとまぁー神々しいお姿。ご主人様は”ゲルマニュームラジオ程度”などとおっしゃられるが、私には後光が射して見えまする。お召し物のホツレを直して差し上げたい・・・。
>> ヘテロダインでした スガハラ 2011/01/18,10:17 No.577
Noahさん、レス有難う御座いました。
調べてから投稿すれば良かったのですが70AをWebサイトで調べたらヘテロダインとなっています。であればもう少し感度が良くても良さそうです。この時代のラジオはストレートだとばかり思っていましたので。バリコンは3段で高周波一段、極発、混合IF一段、検波、低周波増幅、出力という構成です。このラジオも買ってからだいぶ経ちます。箱の塗装をやり直すかオリジナルを守るか難しいところです。埃除けの布も代えたほうが良いのでしょうけどね〜〜〜。


画像タイトル:img20110110001329.jpg -(158 KB)

40年前の音が出ました Katou@刈谷 2011/01/10,00:13 No.566 返信 (t)
物置を整理したら、約40年前に自作した5球スーパーを発見、修復しました。
久しぶりに聞く深夜放送は様変わりしましたが、音は昔のままでした。

いずれ、カセドラル型の箱を製作しようと思います。
>> えらくちんまい KAZ/JR4CBO 2011/01/10,21:26 No.567
MT管使用とはいえ、ものすごく小さいサイズにまとめましたね
裏はさぞかしすごいことになっているのではと想像しています
>> コンパクトに乾杯 スガハラ 2011/01/10,23:23 No.569
イヤー、バーニアダイヤルが良いですね。Katouさんのお人柄が見えてくる作品です。私もこういう風にラジオを作ってみたかった。上の方にスピーカーを配置するノッポのカシードラルの箱は良いですね。
>> 内部は・・ Katou@刈谷 2011/01/10,23:49 No.570
こんばんはKatouです。
シャーシーサイズは100×160mmで、
バリコン下にブロックコンとOPTを配置しています。
ご想像の通り、コテ先が接触した痕跡だらけです(~_~;
>> カセドラルは私の憧れ NOAH@愛知 2011/01/11,18:13 No.571
カセドラル型の箱はいいですねー。カセドラルのラジオは私の憧れなんです。
ラジオ本体がコンパクトなので、箱もコンパクトなのが出来そうです。でも屋根を丸くする工作が難しそうですね。構想ができたら、アップして下さいね。


画像タイトル:6L6PPコンソールラジオ -(121 KB)

骨董ラジオ スガハラ 2011/01/07,04:10 No.564 返信 (t)
骨董と呼べるか微妙ですが1950年代のものと思われるラジオです(もしかすると1940年代かも)。写真右上が電気部分、右下がスピーカー(10インチ)、左上がレコードプレーヤー、左下は物入れでレコードの収納場所でしょう。コンソール型電蓄のはしりでしょうか。箱の仕上げはローッズウッドで可也金をかけた造りです。中はアンプ部が6L6のPP、チューナーは短波3バンドと中波となっています。それにレコード再生となっています。レコード部分はオリジナルはクリスタルタイプだったようですが改造されて居てGEのバリレラ(と呼んだと思います)型のピックアップがついて6SC6のプリアンプが外付けされています。買ったのは30年前位で全く作動しなかたのですが数個のコンデンサーを取り替えて一応音の出るようにしました。プッシュタイプのプリセットも作動します。私としては綺麗なローズウッドと思って廊下に置いていますがワイフからは場所を取るので他の場所に移すように催促されています。
>> 無題 Katou@刈谷 2011/01/09,23:46 No.565
素晴らしい電蓄ですね、
国産でこれだけの物は見た事が無いです。
RCAでしょうか?
どんな音なのか聞いてみたいです。
>> メーカー スガハラ 2011/01/10,23:12 No.568
メーカーはStromburg-Carlsonとなっています。余り馴染みの名前ではありませんがもしかすると家具屋さんかな? コンソールタイプは60年代迄作られていたようですが大きくて場所をとるので数は出なかった思います。最後期のFM付きトランジスター式があれば欲しいのですが蚤の市、ガレージ セール等では全く見かけません。


画像タイトル:Atwater Kent Model 48 -(115 KB)

骨董ラジオ スガハラ 2011/01/02,08:17 No.557 返信 (t)
手作りの会の皆様、明けましておめでとうございます。お屠蘇代わりにアイスワインで新年を祝ったトロントのスガハラです。
Katouさん、私もAtwater Kentを持ってます。
先日測定器分科会に骨董の測定器の写真を載せさせて頂きましたが骨董ラジオもありますのでご笑覧下さい。型番は48とあり製造は1928年か1929年と思われます。写真に有りますように真空管が6本使ってあります。UX-201Aが5本、01Aが1本です。キャビネットには殆ど傷もなく綺麗ですが畏れ多くて未だ電気を通したことはありません。以前何処かのサイトで配線図を見たことがありますが、何処だったか? 確か可也のメーカーの殆どのモデルの配線図画が出てたと記憶しています。左のスピーカーは形が良いので買い求めました。骨董ラジオが未だ数台ありますのでおいおい紹介いたします。ところでチコンキが一台ありますがこれはどの分科会に所属するのでしょうか?


画像タイトル:Model49 -(173 KB)

今年はラジオ Katou@刈谷 2011/01/01,15:37 No.556 返信 (t)
ラジオ分科会ファンの一人です。
NOAHさんがおっしゃられる様に、最近書き込みが少ないので
今年はこの掲示板におじゃまさせていただこうと思います。
最近Atwater KentのModel49を入手しましたが、
A,B,C電源の電圧がよく判りません。
どなたかご伝授いただけませんでしょか?
>> 無題 スガハラ 2011/01/02,08:38 No.558
ここに配線図がありますがAtwaterKentは載っていません。他を探してみます。
http://www.radio-workshop.co.uk/manuals.shtml
>> Atwater Kent 配線図 スガハラ 2011/01/02,09:13 No.559
度々、お邪魔します。
Model48の配膳図は下記にあります。(但し読めればですが)
多分49と48はヒーター用のレオスタットの有無の違いだけだと思います。

http://www.ask.com/web?qsrc=2417&o=13751&l=sem&q=atwater+kent+model-48
>> 電圧記入回路図発見! Katou@刈谷 2011/01/02,18:34 No.560
スガハラさん、こんばんはKatouです。
早速の情報、ありがとうございます。
リンクの中でModel30の電源電圧が記入された回路図を見つけました。
http://www.atwaterkent.info/TechData/Drawings/Images/AK08000sch.pdf
他のページでModel49は33の意匠違い、
33と30の差は初段微調有無だけと判明しましたので、30と同じ電圧で
良いと思われます。これからAC電源装置を作ります。
>> 無題 スガハラ 2011/01/02,21:31 No.561
お早う御座います。
Katouさんの見つけられたサイトはきれいではっきり読めますね。このラジオから聞こえる音はどんなものでしょう。楽しみです、結果お知らせください。
>> 無題 Katou@刈谷 2011/01/03,09:27 No.562
スガハラさん、おはようございますKatouです。

301Aが5本、300A(WEではないです(^_^;)
が1本入っていますが、300Aはゲッターがありません。
この球はこれが正常なのかよく判りません。
電源を投入したら、結果を報告させていただきます。

木箱がボロなので、再塗装しようかと迷っています。
>> 無題 スガハラ 2011/01/05,09:15 No.563
アンティークラジオの再塗装は色々と意見の分かれるところです。アンティークはあくまでもオリジナルを残すべきだと謂う人と、アンティークとはいえ綺麗でなければ飾る場所が無い等など。とどのつまりは所有者の好き好きなのでしょうけどオークション等では余程ひどくない限りオリジナルを尊ぶようです。妥協案として傷等はその部分だけクレヨンの様なもので補修したり、ラッカーの場合は周りのラッカーをすこしづづ溶かして延ばして塗装の剥がれたところを埋めたりしてオリジナルを残す方法もあります。以上は北アメリカの考え方で日本ではどんな方法が執られるのでしょうか?


画像タイトル:img20101015192354.jpg -(39 KB)

最近は書込みがなく、少し寂しいですNo.2 NOAH@愛知 2010/10/15,19:23 No.551 返信 (t)
 もみじ饅頭さんと同じで 最近ラジオ分科会の書き込みが少なくて寂しく思います。
 最近入手したラジオの写真でも載せてみます。友達と一度に4台入手した内の1台(アリア K-1型)です。特にどうと言うことのない、部品取りにしてもいい様なラジオですが・・・。
 ところで、ラジオと関係ありませんが、完全なおじさんの年齢で無線(4級)の免許を取ってみました。無線機も有りませんし、これからどんなバンドがいいのか探りを入れようと言う段階です。超初心者向けのHPや雑誌など、どなたか紹介頂けませんでしょうか。
>> 無題 宇多@茨城 2010/10/16,11:20 No.552
こんにちわ
○ 雑誌となるとやっぱりCQ誌になるのかなと思いますが。
○ 水平系のアンテナが張れるなら 3.5/7 に出たいですね。 
  国内はカバーします。 三級をとれば 7MHz/10W で北米も。  
 
>> 無題 NOAH@愛知 2010/10/16,12:37 No.553
 宇田さん、こんにちは。
 返信ありがとうございます。いつも恐縮です。最近は気候も良くなり、お元気そうで私も嬉しく思います。宇田さんはアンプやラジオだけでなく、無線もやられるのですか。
 私の場合、アンプやラジオの勉強になるかなぁ と無線を取得してみました。よって、無線の面白味が今の所はっきりと頭に入って来てません。どんな無線機でも まずはイジリ廻してみたい・・・そんな状況です。
 残念ながら私の住宅事情では、大きいアンテナは難しいんです・・とほほほ。
>> 無題 宇多@茨城 2010/10/16,23:27 No.554
まずは各バンドをワッチしてみると様子がわかると思います。 アンテナはコイルを入れて短縮させたものでもある程度は使えますよ。 「アンテナ・ハンドブック」という教科書?も参考になります。
近所に、または友人に先輩アマ局長さんがおられるなら、教えていただくのが近道かもしれません。 
>> 無題 NOAH@愛知 2010/10/17,16:48 No.555
宇多さんへ
 アンテナは、我が家では短縮型を使うしか無さそうです。ネットで「アンテナ・ハンドブック」と入力した所、どの本か分かりました。本屋で探してみます。ありがとうございます。
 ところで、宇多さんは冬のお寺大会は出席されますか?私は今回、出席できません。先回に続き すれ違いです。チェコ製(?)の6BM8を2本手に入れましたので、宇多さんの超三の講義をお聞きしたい所でしたが残念です。今回はお題が送信管とのことですので、とんでもないアンプが出てきそうです。尚更残念です。では・・・。


最近は書込みがなく、少し寂しいです もみじ饅頭@広島 2010/09/08,17:32 No.549 返信 (t)

 ラジオ分科会のファンです。

 半導体で0−V−1や、1−V−1を作って遊んでいます。

 どうも最近は書込みが少なくて残念です。これから、気合を

 入れてみます。でも、今年の夏は暑いですね。


画像タイトル:img20100616223437.jpg -(122 KB)

いとしのラジオ NOAH@愛知 2010/06/16,22:34 No.538 返信 (t)
私はこのところ、ずーっと天井の丸い形をしたラジオを探しています。ネット上で見かけても高嶺の花・・・です。また、愛知の片田舎では なかなか見かけることもありません。トホホッ・・・。
でも最近よく似た年代と思われるラジオを譲って頂きました。中身は本来、24B、26B、12A、12F だと思うのですが、12Aが無く、26Bがもう1本余分に刺さっていました。12Aは とても高価で入手が困難だとすると、他にどんな修理の方法があるのでしょうか? 大事に大事に修理してやりたいと思っています。 すみませんが、知見のある方 どなたか教えて下さい。(できましたら、素人に判るように・・・。)修理にあたり不明な点だらけです。また、この掲示板におじゃまさせて頂いて宜しいでしょうか。
>> 12Aの代わり 宇多@茨城 2010/06/17,07:56 No.539
 71A でもそのまま動きますが、これも高いし入手困難ですね。 フィラメント電圧を抵抗で落して B 電圧も落して電池管の 20/30/31 を挿す方法も考えられるけど、これらも入手困難でしょうね。  
 私の個人的な対策を述べさせて頂ければ・・・外見とスピーカ、バリコンおよびコイル等はそのままにして電源トランスやらキャパシタを交換し、12AU7/2-12AU7/2-12AU7/2 とシリコン・ダイオード整流電源にします。
 マグネティック・スピーカのボイスコイルの電流許容量が少ないから、出力段はパラレルにせず半分で我慢します。
>> それから 宇多@茨城 2010/06/17,08:10 No.540
 26B の1.5V 巻き線と 12F の 5V 巻き線を直列にすれば、6.5V0.5A となり、0.4Ωを直列に入れて 12AU7 一本半、または 6C4(=12AU7/2) 三本を点火できるので電源トランスの交換は不要です。
>> 返信ありがとうございます。 NOAH@愛知 2010/06/17,19:18 No.541
宇多さんからご返信頂けるとは思ってもいませんでした。
お元気でいらっしゃいますか。
去年のお寺大会で夜中遅くまで、超3の講義を聞かせて頂いた者です。
覚えてみえないでしょうが、あの時はとても楽しかったです。
今年のお寺大会も お見えになることを楽しみにしておりましたが残念でした。
今回のラジオは、どう修理したものかもう少し考えてみます。
>> 恐縮です 宇多@茨城 2010/06/17,21:24 No.542
 A市のNさん、こんにちは。 お寺大会の件、赤面の至りです。 
 12AU7/6C4 はチョット過激かなと考え直しました。
 24B/26B もいずれ入手困難となると想定すれば、ST 管でまだ手に入る 2.5V/6.3V の 57/56/56 または 6C6/76/76 等に換え、12F はフィラメント点火のみにしてダミー、Sidi 整流にして、スタイル的には「それらしく」が次善策かなと思います。
 その場合、いずれパワートランスを取り替えることになるから、12A の代わりに 45/2A3/300B を挿す案も・・・ただしヴォイス・コイルが保たないから、チョークとCにてクローフ結合にします。 また 26B を 56/76 等に換える機会でもあります。
>> 12Aの代用 ABW 2010/06/18,21:23 No.543
12Aの代用は6G6Gを三極管接続して、カソードはヒーターの中点(100Ω程度の抵抗2本で中点を作る)に接続すると代用できます。
6G6Gは6.3Vですが、5Vでも充分動作します。
詳細は下記を参考にしてください。
http://www.ne.jp/asahi/uchio/tokyo/tube/daiyou.html
>> 色々な修理方法 NOAH@愛知 2010/06/20,19:19 No.544
 宇多さん、ABWさん、色々な案をありがとうございます。
 気持ちとしては、オリジナルに近い形で直してやりたい気もあります。まずは自分がどうしたいかをはっきりさせます。今回オリジナルでなくても 直す方法が色々あることが判りました。これから時間を掛けて、修理しますので判らないことは、再度相談させて下さい。その時には、また教えて下さい。
 では。ありがとうございました。


画像タイトル:img20100408121455.jpg -(45 KB)

Sentinelラジオのレストア 粕谷@江東区 2010/04/08,12:14 No.529 返信 (t)
Sentinelという、60年前に作られたアメリカ製のラジオをレストアしてみました。
古びた感じを残したかったんですが、剥がれた塗装をタッチアップするとかえって目立つ恐れがあるのでキャビネットを全塗装しました。
http://65124258.at.webry.info/201004/article_4.html
>> 無題 石田 2010/04/08,19:53 No.530
 綺麗になりましたね。新品同様!ってこういう場合は褒め言葉にならない?でも形状がレトロだからいいんじゃないでしょうか。
 文字などもうまく残して塗装されていますね。写真ではほとんど再塗装かどうかわかりません。
 
>> Re: 無題 粕谷@江東区 2010/04/09,01:04 No.531
外観だけお化粧直ししただけで、中はコンデンサを除いてオリジナルです。
キャビネットは油性スプレーで塗装した後、へこんだ部分に水性塗料で
文字入れしました。はみ出たところは濡らした布で拭き取って、乾いたら
コンパウンドをかけて、クリアを吹いておしまいです。
>> 残念かも 松田 2010/04/09,21:41 No.532
焼けやはがれがあった方が味がある、と思うのは歳の所為かもしれません。なんとなく残念。
>> Re: 残念かも 粕谷@江東区 2010/04/10,00:45 No.533
形あるものは、いつか壊れます。私はたまたまそれをお化粧直ししただけで、
いずれは傷つき、古びていくんです。
>> レトロ感覚はともかく 北裏@日暮里 2010/04/10,21:24 No.534
すごい力作ですね。
(力入ってないのかな?)
ここまできれいになるんですね。

文字の部分や、周波数選択のつまみは、メッキ?
>> ダイアルなど 粕谷@江東区 2010/04/11,00:20 No.536
文字の部分は金色の水性塗料です。ダイアル(ダイヤル)は真ちゅうでメッキではありません。メッキだと、磨くと剥げちゃいますからね〜。
なお、レストア後の画像は白くなってますが、光の加減でそうなっていて、実際は殆ど変わりません。
(sage進行したいけど、ageてしまいました。)


画像タイトル:TRC75module -(116 KB)

無線のモジュール 本村@海老名 座間駅ローカル 2010/03/08,05:40 No.528 返信 (t)
奥の方に見えるのが、R390AのIFデッキ。これにはフィル他がついてこなかったので、別のクリスタルフィルタとメカニカルフィルタを取り付ける工作中です。シングルコンバージョンのHFローバンド受信が目的。ミキサーは7360でなく、シートビーム管の6JH8を使います。信号はグリッドでなく、ビームディフレクタにバランスで入れます。ローカルオシレータはR390Aのものを使います。出来上がったら、「お空」で会いましょう ^-^
手前にあるのは軍用のTRC75のモジュールでサブミニアチュア管のPTOが内蔵されています。VFOとしてPTOを取り出して流用するつもりでしたが、あまりにまとまりが良いので「そのまま」ミキサーモジュールとして300kcsのフィルタで作るssbデモジュレータとつなぐことにしました。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 24 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!