トータル014999 -今日0003 /昨日0032

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.5.0

シミュレーション分科会の掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]


(new) 鉄心材料の高周波特性 高宮@島根 15日19:30 No.1289 返信 (t)
トランスに 用いる電磁鋼板の特性がJFEスチールのホームページでダウンロードしてみることができます。
      スーパーコア JNEXコア・JNHFコアの磁気特性

 フェライトコアでも周波数領域が異なりますが、一般的にハイμ材は低い周波数からμが低下するようです。 TDK編 フェライトの文献にも有ったと思います。
 ヒステリシスをはじめとするトランスの非直線性をシミュレーションする等価回路は見当たりません。
 スイッチング電源のトランスの等価回路の結合係数の大きさや損失係数でさえ傾向は分かりますが、実験と異なる波形しか得られないと思います。 


画像タイトル:img20171210121357.jpg -(50 KB)

トランス磁気飽和 masuda 10日12:13 No.1273 返信 (t)
本文なし
>> (new) トランスの周波数特性 村田@熊本 15日10:25 No.1288
masudaさん、皆さん、こんにちは。
トランスのインピーダンス特性について、ちょっと、お伺いします。
トランスのインピーダンスの周波数特性を取りますと、インピーダンスが周波数に比例せずに、おおよそ周波数の平方根に比例して上昇します。
すなわち、インダクタンスが一定でないわけですが、シミュレーションで解明できないでしょうか。磁気飽和とは関係ないですかね。ヒステリシス損の方かも知れません。
どこかで見たような気もしますが、ご存知の方、お教え下さい。
よろしくお願いします。


画像タイトル:img20171209120025.jpg -(113 KB)

3 way crossover 高宮@島根 9日12:00 No.1264 返信 (t)
3ウエイを構成するに遅延特性を考慮した クロスオーバー回路をLinkwitzのホームページでDuelandの回路の紹介がある。
Janne Ahonenの四次の定数解析が有る。The analysis of forth-order state variable filter and it's application to Linkwitz Riley filters

MFB をかけたwooferのチャンネル デバイダーにa=sqrt(7) の時の定数で構成ことにする。
>> 山中式? 村田@熊本 10日23:48 No.1275
高宮さん、皆さん、こんばんは。
大分、昔のことですが、山中式分割フィルターがありました。
3分割の場合、低域と高域フィルターの遮断周波数は同じで、傾きが18dB/Octだったと思います。
製作しましたが、減算で作った中域の特性が-40dB以下に落ちなかったと思います。微調整すればいいのでしょうが。
実機に入れて試聴はしませんでした。傾きが6dB/Octにしました。その後、LCネットワークにし、現在に至っています。
低域と高域の遮断周波数が違う回路は安井さんが実験されていたようです。
高宮さんの実験で、昔のことを思い出しました。
>> low cost crossover 高宮@島根 11日10:14 No.1278
村田さん こんにちは
この回路は減衰特性の肩がなだらかですが、途中で減衰が止まることは有りません。
 Rane から 売られていた 物と同じ回路構成で係数が異なるだけです。 特性の調整は不要です。
 一組の四次フィルターで3つの帯域の信号を取り出します。
したがってコンデンサは同じ値の四個のみが必要です。
 前回作ったDuelund フィルターは周波数可変 Q特性可変を二次状態変数フィルターを二段にしたものでしたが、今回はMFBの方で10個位アンプを使いますので、crossover フィルターは直接四次の予定です。
>> (new) 減衰特性 村田@熊本 15日09:49 No.1286
高宮さん、皆さん、こんにちは
>この回路は減衰特性の肩がなだらかですが、途中で減衰が止まることは有りません。
ご回答ありがとうございます。
減算回路で処理していないので、途中で減衰が止まることはないのですね。


(new) 画像タイトル:img20171212192003.jpg -(100 KB)

修正追加=1Hz矩形波スペクトル masuda 12日19:20 No.1284 返信 (t)
基本の1Hz矩形波およびスペクトラムを追加しときます。
エンベロープは標本化関数、Sinc関数、サンプリング関数です。
>> (new) 追記 masuda 12日19:22 No.1285
n=0次のDCは、τ/T=0.4/1=0.4なのですが、別途、場合分け計算しないといけないのですが、ここでは省略です。


画像タイトル:img20171212115806.jpg -(41 KB)

修正 masuda 12日11:58 No.1282 返信 (t)
周期の2秒で時間表示して、高調波表示するれば、0.5Hz間隔のスペクトラムが表示されますね。
>> 周波数移動定理 masuda 12日16:55 No.1283
言いたかったのはフーリエ級数でもフーリエ変換同様、周波数移動定理が成立するということです。もとの@パルスのスペクトルに3.5Hz正弦波を掛けるとスペクトルが3.5Hz右へ移動するということです。なので@の元パルスが1Hzステップのスぺクトルなので、結果、1Hzステップのままです。周期2秒なので0.5Hz間隔にありそうですが、グラフのように0.5Hz間隔(除く1Hz間隔)はゼロです。


画像タイトル:img20171211122026.jpg -(51 KB)

矩形波スペクトル masuda 11日12:20 No.1279 返信 (t)
確認用


画像タイトル:img20171210235742.jpg -(25 KB)

周期関数 masuda 10日23:57 No.1276 返信 (t)
始点と終点の取り方にはよらない。
時間推移定理は、フーリエ級数、変換とも成立する。
>> 当たり前過ぎて申し訳ない masuda 11日00:02 No.1277
x(t-to) ←FS→ Cn*exp(-j*n*Ωo*to)


画像タイトル:img20171210123333.jpg -(57 KB)

トランス磁気飽和-02 masuda 10日12:33 No.1274 返信 (t)
本文なし


画像タイトル:img20171209231402.jpg -(73 KB)

量子化ノイズ(正弦波の場合) masuda 9日23:14 No.1272 返信 (t)
正弦波の場合、確率変数である電圧は時間分に対して一様では無いので三角波の様にはいかない。それに時間変化が速い場合は量子化誤差がΔ/2に収まらなくなってる。さて、どうするべきか。


画像タイトル:img20171209160821.jpg -(46 KB)

量子化ノイズ masuda 9日16:08 No.1271 返信 (t)
量子化で1サンプル時間ずれるので、元波形を0.5サンプル時間ずらした。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 30 / ]

FREE imgboard 2015β07 Tumblr!!