トータル111444 -今日0080 /昨日0069

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

スピーカー分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 47 ]


画像タイトル:img20140519175444.jpg -(77 KB)

メインに投入 masa 2014/05/19,17:54 No.2194 返信 (t)
メイン装置に投入しながら、エージング機器比べ中です。


画像タイトル:img20140519125339.jpg -(80 KB)

ゲテモノスピーカー masa 2014/05/19,12:53 No.2193 返信 (t)
長年色々なスピーカーを作って来ましたが、そろそろ変わった物と思い 球形と玉子型を作って見ました。 球形は10Cm用でセメントと新聞紙をミックスして作った物で6.5Kg、玉子型は型に黙々と新聞紙を糊だけで接着した物で本体は1Kg
音は気に入った用な気に要らないような、でも音場感は抜群です。
同じ様な製作をされてる方がいらっしゃたら色々アドバイスをお願いいたします。
>> 無題 石田@北柏 2014/05/19,17:56 No.2195
 綺麗にできていますね。元の型というのは何で作ったのですか。

 製作過程に興味がありますが。どこかに公開されていませんか。
>> きれい 白坂@宮崎 2014/05/21,07:13 No.2198
 Boxが堅固である球形特有の良い音だと思いますし、仕上げがきれいですね。

 モルタル球形http://www1.bbiq.jp/sirasaka/sp%2010F1,2.htmlと違ってダクトが前にあるので低音特性に興味があります。
周波数特性図を是非掲載願います。


画像タイトル:img20140508173048.jpg -(121 KB)

おまけスピーカー 内田@群馬 2014/05/08,17:30 No.2192 返信 (t)
STEREO誌のスキャン5cmオマケスピーカーの箱を作りました。


画像タイトル:img20140227215027.jpg -(70 KB)

古いSP ロン髪ヨシダ@大田区 2014/02/27,21:50 No.2189 返信 (t)
大森のスポゼリアに箱が行ってしまったので、25年も前に作った箱を倉庫から引っ張り出し、これまた40年前に買ったユニットを付けて聞いています。
前の箱からするとJAZZ向きではないですけど・・・ま〜あいいか。


near speaker 白坂@宮崎 2014/02/24,21:46 No.2188 返信 (t)
 いつもお騒がせして済みません。

http://www1.bbiq.jp/sirasaka/sp%20matome.html
の中程にスピーカーユニットを裸で鳴らして5cm位前で聴く方法を載せました。
分からないので形名など情報がありましたらお願いします。


画像タイトル:img20140207152004.jpg -(279 KB)

スピーカー内部音圧 白坂@宮崎 2014/02/07,15:20 No.2176 返信 (t)
 見元さんの言われる吸音材を入れて測定比較しました。
中〜高音は見事に吸音効果がありましたが歪み率は少し悪化しました。

 石田さんの言われるように内部の定在波があばれの原因と思います。
マイクをバスレフダクトから内部に入れて測定すると面白いかな?と思います。

 なおこのスピーカーは振動板が重いので磁力の制動不足により低音が盛り上がっていると思います。
大平さんの負性インピーダンスと逆の方法にすれば良いのかなと思ったりします。
>> 無題 石田@北柏 2014/02/08,08:30 No.2179
 この程度の歪率差は誤差の内ですね。有意差はなさそうです。
1次のピークは取りきれていませんから、まだ吸音材が不足の様です。


画像タイトル:img20140206181015.png -(117 KB)

負性インピーダンスの効果 大平 2014/02/06,18:10 No.2173 返信 (t)
みなさん、どうにも分かり難いようですみません。
動作を誤解されても困るので、アンプ回路側ではなくてスピーカ側の世界でのシミュレーション結果をお見せします。
ここでは世界で?のスピーカボックスデザインでの標準ソフトと思われるWinISDを使いました。ここに2種類のスピーカを登録しました。一つはDayton社発表のTitnic Mk4(公称4Ω、ボイスコイル抵抗3.3Ω)スピーカ、それともう一つは仮想的なボイスコイル抵抗が1.3Ωと本物より2オーム少ないスピーカです。それ以外はT/Sパラメータも箱の容量も全く同じモノです。それらのスピーカに15Hzの1次LPFイコライザを経由して低域ブーストした時の音圧・SPLがどうなるかを示してます。
1.3Ωの方はほぼフラットですが、標準の4Ωでは山になってます。
つまりオーバーダンプにした場合、F0近辺の上下1オクターブではー12db/octではなくー8db/Oct位で落ちるので、簡単なー6db/ocのLPFだけでイコライズできます。

今回使ったWinISDはインピーダンス、Phse,Group delay,Cone Excursion等々及び、コーンの振幅周波数特性も見れるのでパワーと周波数の限界見極めなど便利に使えます。バスレフ箱の設計も可能のようです。
デモバージョン(無償)で充分。
Strongly Recommend。

http://www.linearteam.dk/default.aspx?pageid=winisd


画像タイトル:-R_Speaker-001 -(36 KB)

簡易負性インピーダンスドライブ masuda@東大和市 2014/02/05,00:54 No.2165 返信 (t)
大平さん、白坂さん、はじめまして。スピーカは当方ド素人ですが、こんなかんじでしょうか。
>> 無題 大平 2014/02/05,16:14 No.2166
masudaさん、当方LT-SPICE派でMICROCAPは馴染みがないのですが。。。
トランスのパラメータ表記が不明ですがインピーダンス10K:8とみなし、外部電圧源につないで流れる電流を元にインピーダンスを図ると解釈すると、検出抵抗分の補正をいれてー7.757Ωと当方の計算と合ってます。

計算例としてこの値を使ったのですが、もし実際この定数で使うと8Ωのスピーカでもやばいですね。私も実際のテストではトランスのタップの途中でやめてます。


画像タイトル:img20140204165104.jpg -(74 KB)

簡易負性インピーダンスドライブ 大平 2014/02/04,16:51 No.2164 返信 (t)
白坂さん、このアンプはDC域まで負性抵抗を示すアンプで特殊ですので普通のアンプには移植不可です。
但し、同じ考えに基づいて容易にテストできる今回のプロジェクトのきっかけになった回路がありますのでご紹介します。
手書きの汚い回路図ですがご容赦ください。
必要なのは、真空管用出力トランス;PP用小型(低域までレスポンスがあり、タップが多い、電力は扱わないので)と微小抵抗、0.22オーム、5W程度です。
必要に応じ低域ブースト用CR(NF型RIAAイコライザが似てます)。
動作は、電流検出抵抗に電流が流れるとその電圧がトランスで増幅されその分出力電圧がアップします。つまり電流検出抵抗がトランスの増幅率倍された負性インピーダンスと見えるようになります。
実際にテストした時は、耳と体での感覚ですが電圧ブーストだけでは出にくかった超低音が感じられるようになりました。

注意、この負性インピーダンス値は絶対にスピーカーのDC抵抗値以下にしないこと。適切な過電流保護プロテクタがないと必ずアンプとスピーカを破壊します。
やる場合は自己責任でお願いします。

小口径スピーカは低音、大振幅、大音量が苦手です。低域の伸びを求めるなら、パワーを落とさないと音は大きく歪みます。(再生域を1オクターブ下げるに振幅は2倍、パワーは4倍必要)
しかし周波数特性はスピーカーの大小に無関係ですのでパワーを上げず代わりに視聴位置をスピーカの近くにすればいいとも言えます。
デスクの上に小口径高音質スピーカシステムを置くというアプローチもありますし。聴取位置と再生音量、再生低域、スピーカの口径にはトレードオフがありますので悩ましいです。
>> 無題 石田@北柏 2014/02/06,08:48 No.2169
 電圧負帰還と電流正帰還の合成の様ですね。正帰還ですから安定性の面でおのずと限界が有り、それが負荷抵抗分以下ということでしょうか。

 トランスを使わずともスピーカのマイナス側に抵抗を入れ反転させて戻せば良さそうかな。でも帯域制限が必要そうですね。トランスだとその辺がうまく処理出来ていそうです。

 往年のダンピングファクターコントロールと同じことかな。
>> 負性インピーダンス 白坂@宮崎 2014/02/06,14:29 No.2170
 大平さん回路図掲載ありがとうございます。

 定振幅駆動にしてFsピークを無くすことで慣性制御でなくなり過渡特性が良くなる?
 低音が12dB/octで低下するようになるので低音を負帰還NFBでブーストしてフラットにする?のかな?と推察しかできません。私には理解困難です。

 低音ほど高電圧が要るので小形SPでは難しいことは理解できました。


画像タイトル:テスト結果 -(110 KB)

負性インピーダンスドライブサブウーファ(3) 大平 2014/01/29,10:11 No.2159 返信 (t)
SPL測定結果ですが、条件は最終の出力インピーダンス、−1.5ohmでICレコーダのモニタ出力をサンプリング、測定位置はコーンの10cm前の近接、ARTAのFR1モードです。音圧の絶対値はわかりませんので基準値を0dbにしました。
サブウーファとして十分な特性が出ていると思います。
負性インピーダンスの効果ですが、SPLでは100Hz以下がシミュレーションでも低域共振周波数F0を中心に弓なりになっている処が、測定でも直線的になるのが確認できてます。
トランジェント特性にも効果はあるようで、ARTAのInpulseモードで見てみると、右側の負性インピーダンスOFFと比べ、左側のー2ohmでは1サイクル終了後のオーバーシュートを抑えているようです。しかし2サイクルほどの小さな振動に代わってます。−2オームではシミュレーションにもあるように100数十ヘルツの振動が出やすくなるのでしょう。それで最終的に-1.5オームとしてます。
まとめ。
Low Qtsのスピーカをイコライザで補正し音圧フラット化を図るという狙いは達成できました。負性インピーダンスドライブはこの方式を強化することができます。しかし負性ドライブインピーダンスにはスピーカに応じた最適値があるようです。
以上
>> 回路図 白坂@宮崎 2014/02/02,09:44 No.2161
 負性インピーダンスの回路図はどうなるのでしょうか?
普通のアンプに追加してみたいのです。

又、小型スピーカーにも効果が出るのでしょうか?



( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 47 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!