トータル113133 -今日0022 /昨日0055

画像Upload/動画埋め込み掲示板(imgboard 2015)

スマホ(iPhone,Android),ガラ携対応版&スパム対策Ver.6.0

半導体アンプ 分科会掲示板

【投稿する】

[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

表示モード

   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 50 . 53 ]


画像タイトル:img20171029143827.jpg -(149 KB)

ヤフオクにて・・・! Yasue 2017/10/29,14:38 No.3977 返信 (t)
 1979年発売のTechnos“SU-A4”コントロールアンプのレストア中です。
全ての電解コンデンサの交換を予定し部品を購入、総数124個の購入となりました。
ハンダ吸い取りポンプが活躍しそうです!


画像タイトル:img20171027125446.jpg -(157 KB)

ヤフオクにて・・・! Yasue 2017/10/27,12:54 No.3972 返信 (t)
 1979年発売のTechnos“SE-A3”パワーアンプの自分用二台目の修理中です。
 コントロールアンプと並行して作業中です、SP切り替えのリレーの交換と洗浄です。
35sを超える重量、三土会よりお寺大会を目標に…!

 


画像タイトル:img20171027124657.jpg -(163 KB)

ヤフオクにて・・・! Yasue 2017/10/27,12:46 No.3971 返信 (t)
 1979年発売のTechnos“SU-A4”コントロールアンプのレストア中です。
全ての電解コンデンサの交換を予定しています、約50個くらいの数量になると思われます…三土会への持参を目指し急いでいます。


画像タイトル:img20171020221520.jpg -(Diet 586 KB→125 KB)

LOG-ATT-V3 Ver0.06 リリース 岩野@中野 2017/10/20,22:15 No.3968 返信 (t)
 LOGーATTーV3のソフトを、Ver0.06にアップデート、
 2点ほど、修正、追加しました。
 1.音量表示を現行のATTのーdb表示から、数字で1から128で表示できるようにモードを追加

 2.通常動作時でLCDが暗いときに、EXITボタンで、各入力のATT量を表示させるときに、液晶のバックライトが暗いままだったのを、最大照度にして表示

 基本的に、現行のVer0.04から修正が必要なバージョンアップではありません。

 ご希望であれば、三土会で、PICのソフトの書き換えは行います。
 遠方の方は、新バージョンのPICを実費で送付いたします。


画像タイトル:img20171018005549.jpg -(Diet 720 KB→229 KB)

気がつけば、色んな電源基板が 岩野@中野 2017/10/18,00:55 No.3967 返信 (t)
1番は.2巻き線のACを個別にブリッジダイオードで整流した出力と、前段用に、2倍もしくは3倍圧整流した電圧出力

2番は.センタータップ付のACをブリッジダイオードで整流した出力と、前段用に、2倍圧整流した電圧を、ゼナーとトランジスタで簡易で低電圧化した出力

3番と10番は.ACをブリッジダイオードで整流した出力をCFB電源回路で定電圧化した出力

4番と5番は、センタータップ付のACをブリッジダイオードで整流した出力

6番は、センタータップ付のACをブリッジダイオードで整流した電圧か、2巻きあるACを個別にブリッジ整流した電圧を、3端子レギュレータで、安定化した出力


リレー式ATTのハムノイズ 塩沢@町田 2017/09/30,22:16 No.3929 返信 (t)
 本日の製作会では大変お世話になりました。
 自宅の環境で使用してみましたが、ハムノイズに悩まされています。入力のRCAに何も接続しない状態で0dBにしますとハムノイズがあります。入力にDVDプレイヤーを接続してSTOP状態でも入力オープンの場合よりは少なくなりますがやはりハムノイズがあります。何か製作上のミスがあるかもしれませんので対策のアドバイスをお願いします。
>> うーん・・・ 岩野@中野 2017/09/30,23:20 No.3931
入力のRCAに何も接続しない状態で0dBにしますとハムノイズがあります。
0dbでは、何もATTされていない状態ですね。
パワーアンプに、入力の線がアンテナの状態ですので、一番感度が高い状態です。この状態でも、R8による10kΩでのシャントと、RCA入り口での100kΩのシャント抵抗はありますので、プランプランの状態ではないはずなのですが・・・

このハムが出る状態で、MUTEかけるとハム消えますか?
MUTE状態は、出力をショートしております。
>> ハムノイズ 岩野@中野 2017/09/30,23:26 No.3932
今回のはケースがプラスティクなので、電磁的なシールド効果は無いので、外来の電磁誘導で回り込んでいるのかもしれません。
ATTの位置をずらすと、ハムの量が変わるようでしょうか?

あと、アルミケースとかで囲ってみて変わりますでしょうか?
この場合は、アルミケースを、RCAのシールド側とつなぐと、効果があるかもしれません。
>> ハムノイズの確認 塩沢@町田 2017/10/01,06:36 No.3934
岩野@中野さん、お世話になります。
@入力オープンの状態ではMUTEでハムノイズはほぼなくなります。
A入力オープンでATTが0から絞ってゆくとハムノイズがATT量に従って減ってまいります。
B入力ショートでは0dBの時にはハムノイズがほとんど出ませんが-3.5〜-15dBの当たりでハムノイズが大きくなり-15dBより絞るとハムノイズが減ります。
CATT 0dBの時はCH1の入力と出力のホット側及びアース側の導通はほぼ0オームです。
D入力オープンで0dBのときにACアダプターを引き抜くとその瞬間にハムノイズが止まります。
 現時点での確認は以上の通りです。
>> ACアダプター? 岩野@中野 2017/10/01,08:22 No.3935
DACアダプターを抜くと、消える
 少し、考えにくいですが、ACアダプターのGNDもしくはHOT側と、出力のRCAの間の、絶縁が悪い???
テスターで、CN3(DCジャック)の3本のピンと、
J2、J4の各2本の足の間の抵抗を測ってみてください。
私の作成したものでは、全ての間で、抵抗値が測定不能(ほぼ無限大)です。
>> ACアダプターとRCAの導通テスト 塩沢@町田 2017/10/01,09:01 No.3936
ACアダプターのGNDとHOT側と力のRCAの間の絶縁抵抗を測定してみましたがほぼ無限大です。
>> ACアダプターのテスト 塩沢@町田 2017/10/01,09:35 No.3937
ACアダプターを接続したままでACアダプターをACコンセントから抜くとハムノイズが止まります。ACアダプターをACコンセントから抜いても数秒はリレー式ATTは動作しています。
>> 無題 蝦名@西東京 2017/10/01,10:06 No.3938
ヘッドホンアンプで試してみた結果です。
上野さん設計のR-2R DACに直接接続すると 塩沢さんと同じでハムノイズが目立ちました。ラインアンプを間に入れると、かなり減りました。
そこで、上野さんDACに接続した状態で昔のトランス式ACアダプタ(表示6V、無負荷で9V)に変えたところ、ほぼノイズがなくなりました。
前段のアンプの影響もあるようなので、ノイズがとれない場合はトランス式のACアダプタ、或いは電池電源を使うと改善される可能性がありそうです。
>> トランス式ACアダプター 塩沢@町田 2017/10/01,10:47 No.3939
KENWOODのトランス式ACアダプター定格DC5Vですが無負荷で7.3VのACアダプターに変えるとかなり減りますがやはりハムノイズが残っております。電池式にしないとダメですかね。
>> 電池にしてみました 塩沢@町田 2017/10/01,11:28 No.3940
電源を単三電池4本にしてみましたがわずかですがハムノイズが出ております。電池の正極、負極のいずれでも電池に触れるとハムノイズが増大します。
>> 関澤さん情報ありがとうございます 塩沢@町田 2017/10/01,12:18 No.3942
関澤さんのテストは入力オープンでの結果でしょうか?
入力に接続している機器の出力インピーダンスはどの程度でしょうか?
ケースはプラスティックでしょうか?
基板とパーツは昨日の製作会と同じものでしょうか?
>> 関澤さんへ 塩沢@町田 2017/10/01,13:19 No.3945
情報ありがとうございます。
何か違いがあるのでしょうが良くわかりません。
単に私のところのノイズレベルが高いのか、ATTの個体差なのか?
RCA端子に手で触れてもハムのレベルが変動します。なにか信号のグランドが浮いているような感じです。
>> 画像タイトル:img20171005074059.jpg -(Diet 359 KB→130 KB)

ハムノイズ対策 塩沢@町田 2017/10/05,07:40 No.3947
岩野@中野さんからのアドバイスで写真のような対策を行ったところハムノイズが大幅に改善されました。
LC1(EMI対策フィルター)のCG(Load circuit ground)と出力のRCA端子のグランドに47Ωの抵抗を介してジャンパー線で接続しました。
 トランス式ACアダプターと電池式電源でハムノイズはほとんどなくなります。付属のスイッチイング式のACアダプターではわずかにハムノイズが出ますが何とか使用可能なレベルになりました。

>> トランス式で、安定化出力 岩野@中野 2017/10/07,08:17 No.3950
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/111208/
効果はあるかは未定
>> 画像タイトル:img20171008111056.jpg -(Diet 799 KB→80 KB)

ノイズ対策法 その2 大平@所沢 2017/10/08,11:10 No.3951
私のLOG-ATT(製作会頒布の標準仕様)でも同じようにハム、ノイズがATTのー6db近辺でしつこく出てました。WaveSpectraで観測すると単なるハムだけではなく広域にわたるバズでした。
最終的にロジック、リレー系がフロートしてるのが原因でそこからの静電誘導ノイズがラッチングリレーの巻線経由で入ってるのではと思い、リレーのCOM(+6.5Vの電源側)と信号のグランドを接続しましたところ、全くノイズは観測できなくなりました。
ACアダプタの抜き差しでもレベルは変化しません。

>> ノイズ対策法 その2 蝦名@西東京 2017/10/08,16:38 No.3952
電源のプラス側を信号ラインのアースに接続しても効果があるんですね。これは思いつかなかったです。
情報、ありがとうございました。
>> みなさんありがとうございます 岩野@中野 2017/10/09,09:55 No.3953
ハムの原因は、制御電源側からの飛込みが多いと思われます。
リレー制御ですので、基本的に制御と信号系は絶縁されております。しかし、かなり、気を使ったつもりではありますが、
プリントパターン上では、近隣をパターンが走らざるを得ませんので、その影響はでます。

アダプターの電源の+側は、常時リレーコイルの+端子側につながっております。
リレーコイルのー側は、トランジスタアレーの出力ですので、通常はオープン状態です。
ですので、+側の方を、音声ラインのアース側の接続したほうが効果が高かったと推測します。


リモコン使えますか? 三浦雄一郎 2017/09/30,20:03 No.3928 返信 (t)
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/130755/
このリモコンは使用出来そうでしようか?
地方なので送料がかからないマルツで入手したく思いまして。
>> LV1-REMOCON 岩野@中野 2017/09/30,23:09 No.3930
http://www.linkman-audio.com/dl/lv1_remocon_manual_rev1.1.pdf
資料によると、NECフォーマットとなっておりますので
使えると思います。
>> 照明器具用リモコン使えました 塩沢@町田 2017/10/01,15:28 No.3946
物は試しと照明器具メーカーのKOIZUMIの照明器具用専用リモコンを試してみたところNECフォーマットでしたので問題なく使用できました。調光UPが音量UPに調光Downが音量ダウン、シーン1がCH1選択シーン2がCH2選択、消灯がMUTE ON/OFFに割り当て快調に使用しております。
>> リモコン駄目でした 三浦雄一郎@福岡 2017/10/14,19:22 No.3954
本日組み上げまして試運転してみました。
マルツのリモコンは作動しませんでした。会推奨のリモコンを入手したいと思います。
-60dbから-31.5dbまではあまり変化がなく
-31db位から爆音になります、組み間違えでしょうか?
>> 無題 蝦名@西東京 2017/10/14,20:28 No.3955
ロータリーエンコーダのボタンを長押しして、IR REMOTE TYPEが表示されるまで押し続ける。
ロータリーエンコーダのボタンを回してNEC FORMATを選び、ボタンを押す。
その後、リモコンのボタンを対応する動作を割り当てていく。
このような操作をしていますか?
また、基板のパターンカットとジャンパー配線をしていないと、リモコンは動作しません。このあたりは大丈夫でしょうか?
>> リモコンと動作について 岩野@中野 2017/10/14,20:30 No.3956
リモコンの学習は出来ましたでしょうか?
ローターリーエンコーダーを長押し(5秒以上)してますと、
設定画面に変わります。
そこで、NECを選んでいただき、
ボタンをワンプッシュ
そこから、各機能とリモコンコードの登録になります。
>> リモコンの登録 つづき 岩野@中野 2017/10/14,20:32 No.3957
リモコンの登録させたいボタンを押すと、NECフォーマットで受信できた場合は、エンコーダのボタンが一瞬だけ点灯し、液晶の下の行に、受信したコードが表示されます。
エンコーダーのボタンを押すと、次の機能のボタンの登録になります。
>> リモコンの登録 つづき 岩野@中野 2017/10/14,20:33 No.3958
これを繰り返して、必要なところだけを記憶させていくと、
最終的にもとの、音量表示に戻ります。

あと、光リモコンは、基板の裏のパターンカット2ヶ所と、ジャンパー線1本が必要です。
>> ATTの動作 岩野@中野 2017/10/14,20:45 No.3959
−32dbを境に音量が異常なのですね。
−32dbからー63,5dbはおとが小さい(あまり変わらない)
−31.5dbからー0db方向へあげると、いきなり爆音?

32dbのあたりがおかしいのですが、左右同様ならばリレー周りが怪しいです。

ATTの抵抗も、再度確認してみてください。

実装した基板の写真でもあれば、少しはわかるかも知れません。

マニュアル試験での動作でも、ATT量の試験は出来ます。

最悪は、フルセットで会へ送ってください。調査と、改修を行います。

リモコンも調査します。
>> 画像タイトル:img20171014224435.jpg -(Diet 2295 KB→87 KB)

リモコン動きました 三浦雄一郎@福岡 2017/10/14,22:44 No.3960
設定が必要だったのですね、ありがとうございます。
ジャンパーは大丈夫と思います。リモコンは動くようになりましたが、
-32dbから爆音です。ATT抵抗は確認しながら組みましたので
間違いはないとおもっておりますが、写真をお送りいたします。

>> 強制初期化 岩野@中野 2017/10/14,23:31 No.3961
部品の写真では、ぱっと見は問題が無さそうですが、
あまり、細かい部分は見れてません。

ちょっと考えにくいですが、内部データーの強制初期化を行ってみてください。
ローターリーエンコーダーのボタンを押しながら、電源を投入してください。
ただし、リモコンの学習は消されてしまいますので、お手数ですが、再度登録を押してください。

やはり、旨くいかない場合は、送付をお願いします。
>> 無題 蝦名@西東京 2017/10/14,23:40 No.3962
抵抗のカラーコード、リレーの向きが分かるようになるべく拡大した写真をお願いします。全体が無理なら、数枚に分けてもいいです。
>> 無題 蝦名@西東京 2017/10/15,00:16 No.3963
症状から考えると、可能性のありそうなのはリレーK7あたりのハンダミスかリレーの故障か。実物を調べないと、判断できないかもしれませんね。
>> なんちゃって 検査仕様書. いわい 2017/10/15,00:38 No.3964
暫定検査書 作りました.
蛯名さんの実機データを利用させて頂きました.
(設定インピーダンスが違うかも・・・)

概ね近い値 及び急激な変化が無ければ良品と思われます.
Adobe PDF 書類 img20171015003853.pdf -(72 KB)
>> 無題 蝦名@西東京 2017/10/15,06:28 No.3965
リレーK7、リレーK6の四隅のハンダが大丈夫以下どうか確認して頂けますか? でも、両チャンネルとも一緒だと違う原因なのかな???
>> 無事動作しました。 三浦雄一郎@福岡 2017/10/15,08:04 No.3966
蛯名様の御指摘箇所を再ハンダで正常に動くようになりました。
ありがとうございました。
設定画面の簡単な英語の意味 一覧などはありませんでしょうか?


LOG−TT−V3 配布資料 岩野@中野 2017/09/26,18:50 No.3921 返信 (t)
回路図です。
パターンカットも書き加えました。
Adobe PDF 書類 img20170926185005.pdf -(103 KB)
>> 部品表です。 岩野@中野 2017/09/26,18:52 No.3922
実装用の部品表です。
標準のLCD用です。
OLEDとかの場合は、別途になります。
Adobe PDF 書類 img20170926185210.pdf -(40 KB)
>> シルク図です。 岩野@中野 2017/09/26,18:55 No.3923
本文なし
Adobe PDF 書類 img20170926185516.pdf -(73 KB)
>> 簡単な操作説明 岩野@中野 2017/09/26,19:58 No.3924
簡単な説明です。
Adobe PDF 書類 img20170926195853.pdf -(34 KB)
>> 組み立て時の注意点 岩野@中野 2017/09/26,20:41 No.3926
簡単ですが、組み立て時の注意点です。
あと、どうしても、操作つまみが奥に入ってしまうなら、
なかに、つまみの穴の中に透明なネジの頭でも入れて
調整してください。
Adobe PDF 書類 img20170926204144.pdf -(622 KB)
>> R8とR23について 岩野@中野 2017/09/29,01:58 No.3927
 R8、R23は、確かに部品表は5kΩ(5.6kΩ)と書いてありましたが、
既に送付品には、10kΩを入れてしまっております。
パワーアンプが10kΩの入力抵抗を想定しております。

部品表の5.6kオームは、50kΩの入力抵抗のパワーアンプを想定しておりました。


 後段のパワーアンプの入力抵抗によって、最適値があります。
 
後段の入力抵抗 → R8、R23
 10kΩ   → 10kΩが最適
 20kΩ   → 6.8kΩあたり
 50kΩ   → 5.6kΩあたり
100kΩ   → 5.3kΩあたり(5.6kΩかな)
200kΩ   → 5.1kΩあたり
>> 部品表で、RCAジャックの色間違い 岩野@中野 2017/09/30,23:30 No.3933
部品表のRCAジャックの色を間違えております。
リヤ側からみて、左から、赤、赤、白、白、赤、白です。
実装写真がわかりやすいと思います。


LOG_ATT_V3 セルフテスト機能追加 岩野@中野 2017/09/17,10:40 No.3911 返信 (t)
今回のマイコンには、A/Dコンバータが乗ってます。
都合が良いことに、現在未使用のポートにもA/Dの入力がありました。
RCAの入力に、マイコンの電源(5Vです)を入れて、
基板のPWR端子(A/Dのチャンネル7)を、RCAの出力につなぎます。
A/Dコンバータは、10ビットですので、分解能は1024しかありませんが、
ATT最大の重みのー32dbの場所では、0.025倍ですので、24bitもありますので、なんとか計測が可能だということで、テスト機能を追加です。

試験モードを3つに増やしました。
1.AUTO SCAN TEST
  旧来のオシロで観測するモード
>> 画像タイトル:img20170917105409.jpg -(Diet 1351 KB→138 KB)

MANUAL ATT TEST 岩野@中野 2017/09/17,10:54 No.3912
A/D値は 0から1023の1024分解能です。
−3.0dbですと、0.708倍ですので
1024*0.707= 724では、大きめの値ですが、
出力端子に、アンプをつないだりして、5kΩになっておらず、5kΩより大きな値ですので、A/D測定値も大きめに出ます。
自動計測では、一個前とのA/D値の比較で、単調に減っているかをみており、A/D値=dbでは判定をしておりませんので、問題なく測定が出来ます。

>> AUTO ATT TEST 岩野@中野 2017/09/17,11:27 No.3913
試験時の液晶表示の動画です
圧縮データ(zip形式) img20170917112707.zip -(1364 KB)
>> 素晴らしい 蝦名@西東京 2017/09/17,13:01 No.3914
三土会で紹介してもらったばかりなのに、すごい機能を追加してしまうとは相変わらずすごい。
これで動作確認が簡単にできるようになりますね。こんなに使いやすい機能満載のアッテネータを使えるのは嬉しいです。
>> ・・・ いわい 2017/09/17,13:28 No.3915
すごい!
>> 画像タイトル:img20170918001605.jpg -(Diet 516 KB→157 KB)

計測接続 岩野@中野 2017/09/18,00:16 No.3916
テストリードは3本必要です。
GND(黒)PC2,PC4の間にGNDのスルーホールから引き出します。
+5V(赤)C3近くの5Vのスルーホールから引き出します。
PWR(計測端子、黄)、基板名称のシルクの、L文字の近くのスルーホールから引き出します。
写真左上 右チャンネル計測配線
写真右上 左チャンネル計測配線
−32.0dbで、A/D値が25
−32.5dbで、A/D値が23
ちゃんと、差が出ていますので、減衰は測定できております。

>> 自動計測での欠点 岩野@中野 2017/09/18,00:18 No.3917
自動計測での欠点は、ATT量を1ステップ増やしながら、、A/D値が同じか、−になっていればOKということで、良と判定してます、入力値がずーっと同じ(断線して0とかでも)GOODと判定します。
ですので、MANUAL ATT TESTで、大雑把には、A/D値が取れているのを確認してから、AUTO ATT TESTを掛けて、良/非の判定を行う必要があります。
>> 画像タイトル:img20170918002422.jpg -(Diet 324 KB→82 KB)

自動計測結果 岩野@中野 2017/09/18,00:24 No.3918
一部のATTの抵抗を、試験的にショートさせて測定させました。
今回は、−52.5dbの処で、減衰の非連続性を発見したので、ERROR判定です。

>> 無題 蝦名@西東京 2017/09/18,10:20 No.3919
これって、エラーが出た時にそこで止まってしまいますか?
今回の制作会では問題にならないですが、自分で抵抗を組み合わせて作った時に、微妙な所で逆転する可能性があります。抵抗の付替えもできないので、エラーが出た時に一旦止まって、どれかボタンを押すと続けるみたいな機能もあるといいかもしれません。
将来、余裕があるときに検討するくらいでいいかと思います。
>> MANUAL ATT TEST 岩野@中野 2017/09/18,13:44 No.3920
AUTO ATT TESTでは、減衰特性に問題があると、停止します。
その場合は、MANUAL ATT TEST で計測して、人間が判断してください。


画像タイトル:img20170914001108.jpg -(Diet 618 KB→140 KB)

V3 OLEDで動作 岩野@中野 2017/09/14,00:11 No.3900 返信 (t)
OLEDも、動作させるようにソフト入れ込みました。
試験モードも。実済み
リヤパネルのシルクは、テプラで対応

消費電流は、
LCD 
 通常 20mA
 待機  5mA
OLED
 通常 60mA
 待機 35mA
乾電池での動作も可能です。
>> 画像タイトル:img20170914001447.jpg -(Diet 633 KB→145 KB)

アルミケース 岩野@中野 2017/09/14,00:14 No.3901
関澤さんの作成されたのと同じケースが、手元に届いていたので、勢いで作成
分離設置できるように基板を設計しておいたので、20芯のフラットケーブルでつなぐだけです。

トランスも、関澤さんが忘れて行ったのがベストでした。
配線は、無精して、シールドではありません。

>> ATT試験動作の確認 岩野@中野 2017/09/14,01:15 No.3902
今回は、試験ソフトを内蔵しました。
その結果、試験結果に髭が見受けられたので、
ソフトで若干の対策を入れ込みました。

試験ソフトは、重要ですね!
>> 画像タイトル:img20170914011802.jpg -(157 KB)

ATTの動作 岩野@中野 2017/09/14,01:18 No.3903
左が対策前、右が対策後です。
髭の出方が変わってます。

>> 画像タイトル:img20170914013852.jpg -(Diet 328 KB→123 KB)

試験環境 岩野@中野 2017/09/14,01:38 No.3904
入力に電圧源として、単三電池2本の直流電圧をIN−1側のRCAプラグの左右に入れます。

オシロは、
 CH1,CH2を、OUTのLとRに繋ぎます。
 500mV/DIV、500mS/DIVで
 トリガーは、入力の立ち上がりで、2V程度の位置に接てします。
試験ソフトは、PCN1コネクタの、3番4番ピン間に、ショートプラグを差し込んで、電源投入で起動します。
ATT量をー0dbから−63.5dbへ順繰り変化させ、
−63.5dbで1秒待ってから、−0dbになりますので、この変化を、トリガーにします。

>> 画像タイトル:img20170914023634.jpg -(118 KB)

勢いで、4台製作 岩野@中野 2017/09/14,02:36 No.3905
上から
三土会配布の標準液晶
LINKMANの赤液晶
OLEDの白
アルミケースにいれた、OLEDの白バージョン

>> 無題 蝦名@西東京 2017/09/14,05:39 No.3906
OLEDはやっぱりコントラストがいいですね。視野角度も広いのでこれにしてみようかな
>> 画像タイトル:img20170914063924.jpg -(Diet 1212 KB→178 KB)

有機ELキャラクタディスプレイモジュール 岩野@中野 2017/09/14,06:39 No.3907
有機ELキャラクタディスプレイモジュール
LDO(3.3V)
I2CのバスリピーターのPCA9515AD、
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-10882/
1608サイズの、10kΩのチップ抵抗が5個と、104Zのセラコンが4個、
SO1602Aの好きな色をお選びください。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08277/



( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )




   ページ指定:[ 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 25 . 30 . 35 . 40 . 45 . 50 . 53 ]

FREE imgboard 2015β08 Tumblr!!